演劇のお医者さん(若林医院)

tetsubin5.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 27日

■劇団天末線

【日時】2018.5.27(日) 10:00~16:00
【場所】天シアターやまんね
【芝居】まさひろ・作「犀が蹴る
c0209544_09303921.jpg
■■【治療内容】

[PR]

# by tetsubin5 | 2018-05-27 19:29
2018年 05月 27日

◆劇団みどり 

【日時】2018.5.26(土) 16:00~17:00
【場所】天シアターやまんね
【芝居】鉄びん0号・作「黄色いハンカチ
c0209544_09245761.jpg
■■【治療内容】

まず最初の通しにビックリ。
2週間空いてしまうこともあって、前回「テンポ出し」の秘策を伝授。
自宅での二人の練習の成果がバッチリ現われた魅力的な通しになった。
ここで、「芝居の線に沿って生きる気持ちよさ」がまだ意識不十分なのだったら、まだまだ先があるなあ。
でも、確実に楽しい練習に変化しつつある。
ここからだ。



■■【治療感想】ノブヨシ

倍速練習の成果なのか、それともサングラス効果なのか、一本目の通しでそれなりの評価をいただきました。

全く予想外のことでした。

しかしながら何か所か新しい直しを受けると、それを飲み込むのに時間がかかり、なぞろうとして途端にテンポが悪くなります。

今回のように、エネルギーアップ、テンポアップの練習をしていきたいと思います。


[PR]

# by tetsubin5 | 2018-05-27 19:28
2018年 05月 19日

◆劇団トラアナ ④

【日時】2018.5.19 3:30~
【場所】天シアターやまんね
【芝居】阿部哲也・作「公園関係
c0209544_12325212.jpg
■■【治療内容】
■■【治療感想】茂木美好(浦和南)

今日は観ているだけでしたが、とても有意義な四時間半でした。

自分でシャドーしていて、気持ちの流れに自信が持てなかったところも、すごくわかりやすく整理されていって、女1という人物がどんどんリアルになっていったように思います。

c0209544_23021558.jpg

自分が舞台に立っていては見逃してしまいそうなことも客観的に受けとることができ、改めてダブルキャストのありがたみを感じます。

ぶっ通しで舞台に立ち続けた皆さまは大変だったと思いますが、みるみる演技の質が変わっていって、特に男2の演技は確実に一つ階段上ったなと感じました。

次はリハーサルまで若林先生に見ていただけないのは残念ですが、その最後の機会を有意義なものにできるよう、ちゃんと先生の意図を受け止められるよう、シャドーを繰り返します。



[PR]

# by tetsubin5 | 2018-05-19 14:17
2018年 05月 19日

◆劇団Q ⑥

【日時】2018.5.13(日) 13:00~16:30
【場所】天シアターやまんね
【芝居】菅原成美・作「アイとシンデレラ
c0209544_14021473.jpg
■■【治療内容】
■■【治療感想】櫻井鈴代

先生の稽古は、自分が先生の求める所まで演じられるか、急な変化についていけるかなど不安や緊張がある一方で、先生のユーモアまじえたご指導とお話とエネルギーをたくさん投入するような感覚の稽古に、毎回とても楽しく充実感を感じています。

先日の稽古で特に印象に残ったのは、これまで何度も話して頂いていた「かまぼこ」のあの中はエネルギーなのだということ。台詞が下がってしまうとその分エネルギーが少なくなり、相手やお客さんに届く台詞にならない、だから常に張りを持たせなければいけないということです。聞いた時、自分の中にストンと落ちてとても納得がいきました。

ここの所劇団Qでは、芝居の中で話す相手にしっかり向いて話すという方向でやってきていたので、お客さんのほうへ広げる・投げかける体の向きと立ち位置を意識するのも久しぶりに思います。

私は前回の芝居でも真面目の欠点を払拭するため、テンション高く「わー!!」とエネルギー放出するような役づくりを目指して頑張ってきたつもりでしたが、今のやまんねopenに向けての稽古はまたすごく新鮮で、私はもっと変われるんじゃないかと、変わりたいとワクワクしています。そして、今回のこの経験を活かして、定期公演のほうでも演出も自分も納得のいく役作りをしたいとおもっています。やまんねopenの本番も楽しみたいです!これからも宜しくお願いいたします!!



[PR]

# by tetsubin5 | 2018-05-19 14:13
2018年 05月 19日

◆劇団イコダコイ  劇団ミドコロ  劇団みどり⑥

◆劇団イコダコイ
【日時】2018.5.12(土) 9:00~11:00
【場所】天シアターやまんね
【芝居】鉄びん0号・作「幸せの赤いハンカチ
c0209544_13535506.jpg
■■【治療感想】イコダ

1回の練習時間が2時間のため、頭から最後まで先生に直してもらって、一度通して終わりとなってしまいます

するとなかなか一度では覚えていなかったり、直っていなかったり…

家でのシャドーにかかっていますね

でも、もう少し通しがしたいかな〜

私の課題、今回は年寄りになる、セリフの低いところでの放物線です

難しいですが、頑張りたいな

大人の芝居作り、楽しんでやっています!


--------------------------------
◆劇団ミドコロ
【日時】2018.5.12(土) 9:00~11:00
【場所】天シアターやまんね
【芝居】鉄びん0号・作「男の門出
c0209544_13572947.jpg
◆劇団みどり
【日時】2018.5.12(土) 9:00~11:00
【場所】天シアターやまんね
【芝居】鉄びん0号・作「黄色いハンカチ
c0209544_13585857.jpg
■■【治療感想】ねぎキョウ

練習回数も五回になりますが、依然進歩がありません。

「テンポのない隙間だらけの芝居だからキャッチボールが見えない‥つまらない」と言われました。
そのとうりだと思います。

このままだと何回やっても同じ。 その対策として五倍速のテンポアップ「さっちゃん」を伝授してもらいました。やってみると、だれる間がなく夢中で倍速について行こうとしている。でもいい感じでした。
この練習で何とかきっかけを掴みたいと思います。

[PR]

# by tetsubin5 | 2018-05-19 13:59
2018年 05月 07日

◆劇団トラアナ ③

【日時】2018.5.6
【場所】天シアターやまんね
【芝居】阿部哲也・作「公園関係
c0209544_10301764.jpg
■■【治療内容】
■■【治療感想】

 阿部哲也(川越高校)


全体のデッサンをしながらの台本直しが、人ごとみたいにように楽しく感じられました。自作の拙い台本ですが、饒舌でくどい部分が刈り込まれ、筋と感情の矛盾点が解消し、評判の悪かったこの台本に手が入ってみるみる筋が通っていくのは快感でした。
ストーリー展開の矛盾とか不自然な点に直しが入り、納得できつつも根底の部分で論理が揺さぶられるような、そんな物語になってきたと思います。
状況のヘンテコさだけでは見ているお客はついてこない訳で、「感情のリアリティで設定の不条理を上回る」という観点は、作劇と演出上の重要なポイントとして大いに勉強になりました。
また、「驚くと同時に動きが止まり、無声音になる程低く発声する」というコツも、応用度が高いお土産となりました。

まだデッサンが終わった段階なので、次回までには是非右脳の演技になっているべく、宿題としてシャドーを日課に取り組みます。



▼ 東村ゆりか (草加南) 


自分の準備が不十分だったため、今日は右脳への転換までは辿り着きませんでした。

共演者の皆さんにはご迷惑をおかけして申し訳ありません。

しかし、不条理劇の原則、「感情のリアルさが奇妙な状況を凌駕してこその醍醐味」「個々のストーリーには自分なりの筋が通っている、それがぶつかり合うことが優れた不条理劇の構造」、といったお話を聞けて、またひとつ腑に落ちました。

若林先生に修正をしていただき、より一層呑み込み易くなった台本で、次はもっとマシな演技ができるように頑張ります!



▼ 田窪誠郎 (所沢西)


久々のトラアナでお世話になりました。
自分としては顧問の研修のつもりで参加しているのですが、自身で演じないと分からないものがやはりあるのだということに気づかされました。
それに劇団の公演として披露するからには、それだけの完成度も要求されることになるでしょう。
ウノーで芝居を作れるように、これから毎日シャドーしようと思います。



茂木美好


今回は若林先生に脚本の直しをしていただきました。女1のキャラがだいぶ変わったので、シャドーをたくさんやって次に臨みます。

最後のゴチャゴチャの部分で、ゴチャゴチャなりに男3・男2・女1・男1・男3の方向がちゃんと見えて、女2登場で全ての・がおんな2に向かう線がはっきりわかればまとまるのかなと思っています。

そこに至る場面でもずっと女1の関心は男1に向かい、男2に対しては拒絶を貫けば、そのうちお芝居の中に線が現れてくるのではないかと期待しています。

まだまだ練習不足ではありますが、頑張ります!



佐竹純一(正智深谷高)

自分たちなりに一生懸命に芝居を作ってきましたが、どこか無理をして演技をしているような感覚がありました。

それが若林先生の台本の直しと、演技指導によってその無理がなくなり、負担なく演技できるようになりました。

これは初めて感じる感覚です。

生徒たちは何度も感じてきた感覚だと思うのですが、今回そのような感覚になりとても嬉しく思いました。

さて、左脳から右脳への転換については、きちんとセリフを覚えてからと思います。自主練を重ね、よりスムーズに芝居が展開するように準備をしていきたいと思っています。



[PR]

# by tetsubin5 | 2018-05-07 10:37
2018年 05月 04日

◆劇団みどり ⑤

【日時】2018.5.3(木) 13:300~16:00
【場所】天シアターやまんね
【芝居】鉄びん0号・作「幸せの黄色いハンカチ
c0209544_15092500.jpg
■■【治療内容】

8回目の挑戦としては、いよいよ本格的な演技に向けて、「左脳から右脳へ」の転換が求められる。
まあ、役者の楽しさ、快楽の追求としては、避けられないこと。
特に左脳の強いノブヨシ氏にとっては、辛く楽しい練習が続く。
しかし、本日そのキッカケが訪れたか?
または元に戻るか?
それは、本人だけが知っている。

■■【治療感想】

[PR]

# by tetsubin5 | 2018-05-04 15:15
2018年 05月 01日

◆劇団トラアナ②

【日時】2018.4.30
【場所】川越高校・生物講義室
【芝居】阿部哲也・作「公園関係
c0209544_16125033.jpg
■■【自主治療】▼阿部


午前中はT村先生バージョンで、男3登場まで通してみました。

前回から3週間空いたので全員すっかり左脳に戻っていましたが、とにかく「右脳」を回転させることだけ考えて小返ししました。

午後のM木先生バージョンでは、どうにか右脳にギヤが入った感じだったので「放物線」と「馬鹿間潰し」でドタバタを重ねました。男3のシーンは今日が初めてで、さらうまでに2時間ほどかかった理由は台詞が入っていなかったから(ダメじゃん>自分)。

最後に息を切らしつつ3回通した処でタイムアップとなりました。汗だくになってあがりました。冷や汗かもしれません。

宿題は「小道具作成」と「各自シャドーをしっかり」

次回はやまんねで、院長の直診となります。まな板の鯉になるつもりです。



[PR]

# by tetsubin5 | 2018-05-01 16:13
2018年 04月 29日

◆劇団Q ⑤

【日時】2018.4.30(月) 13:00~17:30
【場所】天シアターやまんね
【芝居】菅原成美・作「アイとシンデレラ
c0209544_20415907.jpg
■■【診察内容】

芝居の経験もあり、声も表情もよく、器用な演技で、演出としては非常に助かる役者さん。
しかし、放物線が出来ていないので、深く相手や観客に台詞が落ちてこない。
声を出すとき、特に大事なフレーズの頭が下に落ちるクセ。
ここを治療するには、かなり時間がかかるかも・・・。
多分、最終的にはリラックスの問題だと思うけど、しかし、ひとつひとつぶしていこう。
これが当医院のやり方だ。


本日、少し光りが見えてきたかな・・・。


■■【治療感想】櫻井秋菜

今までは、稽古をつけていただくたびに、どんどん濃霧の中に迷い込んでいくような感じでした。

しかし今回は、「口からヨダレを垂らすような感じ」や、「とにかくリラックス」という指摘で、少しだけ霧が晴れたような気がします。

もっと、声帯に負荷を掛けずに、「ポンッ」と台詞を言えるよう、頑張りたいと思います。


[PR]

# by tetsubin5 | 2018-04-29 14:33
2018年 04月 29日

◆劇団Q ④

【日時】2018.4.22(日) 13:00~17:00
【場所】天シアターやまんね
【芝居】菅原成美・作「アイとシンデレラ
c0209544_14302528.jpg
■■【治療内容】
■■【感想】新井智嘉


毎回、共演者達が稽古をつけていただいのを客観的にみられてとても参考になります。それができるようになると俄然演じることが苦しみ?ではなく楽しくなってくるのでしょうか。

自分の殻をぶち破る。リラックスリラックス。簡単そうで難しい。でもそれが出来たらものすごくいい芝居になりそうな気がします。楽しく演じることができるようになれたらいいですね。

共演者達の変わりようが楽しみです。


[PR]

# by tetsubin5 | 2018-04-29 14:30