演劇のお医者さん(若林医院)

tetsubin5.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 20日

◆劇団SHOWもない人々  2016.6/18  やまんね初参戦

【日時】 2016.6.18(土) 12:30~16:30
【場所】 天シアター・Yamanne  
【芝居】 栗★兎・作 浪漫飛行へ
【参加者】 本橋リュウ 上原愛 村野穂波 黒澤多生 猪又ヨシオ 
c0209544_20374979.jpg
c0209544_20375336.jpg

[PR]

# by tetsubin5 | 2016-06-20 16:12
2016年 06月 20日

◆劇団400 イコダコイ   2016.6.18 座長・イコダコイ急遽参加

【日時】 2016.6.18(土) 10:00~16:00
【場所】 天シアター・Yamanne  
【芝居】 コイケユタカ・作 不惑のアクセス
【参加者】 イコダコイ 千葉克文、コイケユタカ、鉄びん
c0209544_20361003.jpg
c0209544_20361504.jpg
■■【治療内容】  「やまんねOpen6・公開ゲネ前日」
[PR]

# by tetsubin5 | 2016-06-20 16:09
2016年 06月 20日

◆劇団みどり  2016.6/16  7回目

【日時】 2016.6.16(木) 15:30~21:00
【場所】 天シアター・やまんね
【芝居】 バス停のある風景  別役実 ・作
c0209544_20341264.jpg
■■【治療内容】

■■【感想】 まなみ~

昨晩はミドリ稽古にお邪魔させて頂き、ありがとうました!
早めに帰ろうと思ってたんですが、
面白くて思わず長居しちゃいました…(笑)


最初の通しの安定感にびっくりしました。
世界観がお互いにしっかりしてていいなと。お二人それぞれの味があってすっごくいいなと思います。
若林先生の直しで、気持ちが入った演技になって、不安定だけど、面白い演技に!

きょうこさんが飲み屋のママっぽさを意識した所とか、弟さんが飲んべえをイメージして演技始めた所は、観ててすっごく引き込まれました。笑いながら保険金の金額を説明するきょうこさんの雰囲気がすごく好きです。これから夫を殺そうとしてるのにカラカラ笑ってて、背筋がひんやりします(笑)。弟さんは声が響いて安心感があっていいなぁと思いました。これから自殺するのにこんな穏やかな感じでいいのか、と良い意味で不自然で。二人の役の存在感がぐっと立って良かったです!
今回のキーワードは
「驚く(えっ?とかあれっ?)」
「リラックス、いいかげん、グズグズ」
「相手と会話する」
「気持ちが入るとセリフが同じトーンにならない」
「眉毛上げて目をはる」

ノブヨシさんは緊張してセリフが一定のトーンになる感じ、きょうこさんは緊張して動きやセリフが固くなっちゃう感じなのでしょうか…?

お互いに個人練しつつ、セリフが不自然な部分を相手に指摘してもらうやり方とかいいんでしょうか?

通しを重ねる毎に芝居がいい感じになっていったので、今後がまたどうなるか楽しみです‼
残りの稽古も頑張って下さいませ…!!

内容が薄い感想ですみません。
見学楽しかったです‼
三時間があっという間でした。
おにぎりとカレーパンとっても美味しかったとお伝えください!(笑)
お疲れさまです!



■■【感想】  
 根岸伸好

今回の大きなテーマはリラックス、そして私のキーワードは酔っ払いでした。
一杯飲んで酔っぱらった感じでという指導でやってみました。こんないいかげんで良いのだろうか、
その一方まだまだ全然酔っぱらってないなと思いながらもやってみました。
目からうろこ。今までいかにかたかったと思い知らされました。途中からだんだん酔いがさめてきたり、全然身についていませんが、この感覚は、今の私にとって一すじの光明。
なんどやっても同じ芝居になってしまうロボットからやっと人間になる糸口になれば良いなと思います。 
今回の練習は私にとってととても大きな経験のような気がします、ありがとうございました。
こんなヘボ練を長時間観ていただいたまみさん、やさしい助言、感想がとてもうれしかったです。

■■【感想】  根岸京子                                                 
私の課題もリラックス。
キーワードは飲み屋のママでした。「何やってんのよ・・あんた」という感じで軽く力を抜いて言う。
さらにガムを噛みかみ言ってみる。なかなか思うようにできません。一瞬できても持続でないの
です。これは練習でなんとかしないと・・・こんなに色色試みていただいて・・・
軽く力を抜いて、明日から練習がんばります。リラっクス・リラックス     
練習を観ていただいたまなみさん長時間ありがとうございました。            



[PR]

# by tetsubin5 | 2016-06-20 16:04
2016年 06月 20日

◆劇団400 イコダコイ   2016.6.14

【日時】 2016.6.14(火) 17:30~22:00
【場所】 天シアター・Yamanne
【芝居】 コイケユタカ・作 不惑のアクセス
【参加者】 小関愛美 千葉克文、コイケユタカ、鉄びん
c0209544_20323685.jpg
■■【治療内容】

[PR]

# by tetsubin5 | 2016-06-20 16:01
2016年 06月 20日

◆劇団トラアナ    2016.6.12(日)  農工お~ぷん出場

【日時】 2016.6.12(日) 9:00~17:30
【場所】 秩父農工・特2教室及び清心館
【芝居】 鉄びん3号・作 公演魂
【参加者】 阿部(川越高)、佐竹(正智深谷高)、山口(浦和北高)、茂木(浦和南高)、永井(本庄高)
c0209544_20295278.jpg
c0209544_20293894.jpg
■【往診内容】



[PR]

# by tetsubin5 | 2016-06-20 15:58
2016年 06月 09日

◆劇団400 イコダコイ   2016.6.7

【日時】 2016.6.7(火) 10:00~12:30
【場所】 秩父農工・清心館合宿室
【芝居】 コイケユタカ・作 不惑のアクセス
【参加者】 小関愛美 千葉克文、コイケユタカ、鉄びん
c0209544_13452569.jpg
■■【往診内容】

■■【感想】 小関愛美

今回は最初の通しは、千葉さんと小池先生が絡んでる所まですごくスムーズで、二人ともしっかり世界観をつくってきてて感動しました…!
小池先生も授業の合間なのに芝居のスイッチがちゃんと入ってて「さすが…!」としか…!アケミが登場してからなんか芝居のテンポが微妙に崩れた気がしたので、自分のシャドーが足らず二人についていけず悔しかったです…!

小池先生が抜けてからの千葉さんのセリフ直しがすごかったです…!
若林先生が「(千葉さんのセリフが生まれ変わる)元旦だね」って言葉がすごくしっくり。セリフがどんどん自然になって、うまく言えないんですが心をくすぐられるような感じ?胸にスッと入って納得できるかんじでした。
小池先生が戻ってきてからの通しもやりやすくて、すごかったです‼
自分も低い所でポロッと言うセリフをマスターして行きたいです…!
若林先生は「この芝居はもうできちゃってる」って言って下さってるんですが、もっと深く楽しい芝居に
できるように、と野望をもって次回に臨みたいです‼



■■【感想】 コイケユタカ

さらに深い部分を探る時間になりました。自分については、やはり本当に対象とぶつからず流してしまうような傾向、ほぼ自分のパーソナリティ、生き様に根ざした部分ですが(笑)、そのことによって相手との関わりが薄くなり、自家発電的な演技になり、結果として芝居が立体的に立ち上がってこないことになるのだと痛感しました。刺激は外側から受け取るし、台詞も動きも外側に向かって発せられるものなのに、演技が内向きではリアリティが生まれません。特にトイレに去るシーンでは、セーボー自身がその場を誤魔化して去るような場面なので、自分も誤魔化したような演技になってしまい、なかなか難しかったです。「誤魔化す以前」の驚きというか、張りというか、そのあたり、なんとか掴めるよう粘ってみます。

[PR]

# by tetsubin5 | 2016-06-09 13:45
2016年 06月 06日

◆劇団みどり  2016.6/5  6回目

【日時】 2016.6.5(日) 11:00~14:30
【場所】 天シアター・やまんね
【芝居】 バス停のある風景  別役実 ・作
c0209544_09412365.jpg
■■【診察内容】

今日は、格段にいい練習が出来たッス。
前日のシャドーが効いたのか、気持の変化のエネルギーが出てきた。
「開き直り」とか「思い切り」とか、左脳を鈍くする工夫がなされてきたのだろうか?

幸運にも3時間半の時間が取れた。
やはりこれくらいの練習時間の確保が必要かも・・・。
本当の役者の快楽と苦痛に突入できるか? こっからだ。


[PR]

# by tetsubin5 | 2016-06-06 09:41
2016年 06月 05日

◆劇団ショウチ   2016.6.3  3回目

【日時】 2016.6.3(金) 16:00~19:00
【場所】 正智深谷高校・練習場
【芝居】 別役実・作 死体がひとつ
c0209544_07501363.jpg
■■【往診内容】

新入生の中島クンの直しに2時間半。
したがって、出張帰りの永井先生の直しに30分しかとれなかった。残念。
本番間近のこの時期に、それぞれタップリと1日は費やせば、確実に成果が出るタイミングだが、なんとも時間がない。

声がメチャクチャいいが、心の内部の反応に乏しい中島クンを育てることは、顧問としての力量が問われるところ。
佐竹頑張れ!



■■【感想】  佐竹

今回は、新入生の中嶋くんを中心に治していただきました。 キーワードは「役の感情がわかる」「目線」「オドロc0209544_08014974.jpgキ」「左脳の排除した自然な反応」です。中嶋くんが中心の治しでしたが、松井さんにも私にも言えることですので、チーム全体の課題として取り組んでいきたいと思います。
本番が近づいて来ました。ここからさらに、急ピッチに芝居を仕上げて行こうと思います!



■■【感想】 松井

今回は一年生の中嶋君を中心的に指導いただきました。
中嶋君を指導するにあたってまず、私のセリフを指導して頂きました。
私の場合、セリフに差がなく、すぐ落ちてしまうため、ただ言ってるだけになってしまいます。なので、セリフのAとCの音は自分が出せる低い音で前に出すことを中心に頑張っていきたいと思います。

[PR]

# by tetsubin5 | 2016-06-05 08:03
2016年 05月 31日

◆劇団400 イコダコイ   2016.5.30

【日時】 2016.5.30(月) 19:00~22:30
【場所】 天シアター・やまんね
【芝居】 コイケユタカ・作 不惑のアクセス
【参加者】 小関愛美 千葉克文、コイケユタカ、鉄びん
c0209544_15250461.jpg
■■【治療内容】

■■【感想】  千葉克文

役者の楽しみってなんなんだろうと改めてかんがえてしまう稽古でした。
中から出てきたものを表現するってのが一番なわけで、これはテクニックってことでもないと思うので、気持ちの問題かな。
なかなかこれが一発目から出せずに、毎回エネルギーを演出に注入していただいてるって感じです。オハズカシイ。
どんなにリラックスした芝居でもそれだけってのは、見ている側も何の面白みもないので、そんな芝居にならないようにしていきたいッス。
多分、リアルな芝居になれば、リラックスや声の響きなどテクニック的とこも自然と出来てくるんじゃないかな。
まあ、あんまりタイトに考えるときつくなってしまうのですが、ゆるい中にも厳しさを入れつつ「表現」を楽しんでいきたいと思います。

<報告です> ちょっとした事情でゲネプロにはイコダコイの座長も出演していただけることになりました。楽しみふえやした。



■■【感想】  コイケユタカ

前回はアゴストと低く響く声で人物のベースをつくりましたが、往々にして陥りがちな「リラックスは出来ていても芝居が小さくなったり線が弱くなったりする」にハマっていたようで、今回は驚きで芝居の線を太くする稽古になりました。進めていくうちに自分でも、声の響きに拘りすぎていたり、驚きが小さくなったりしていることに気づき、改めて原点に戻ったような感じでした。芝居作りは、そのプロセスでいくつもの要素を勘案しなければならないので、一つずつ焦点を絞ってトライしていき、ゲネプロや本番では一切それらを忘れて舞台に立つ、というのが理想なのでしょう。逆に、早く忘れる(左脳から右脳へ)ために今の稽古がある、とも言えるわけですね。
精進します!


[PR]

# by tetsubin5 | 2016-05-31 15:28
2016年 05月 30日

◆劇団みどり  2016.5/29  5回目

【日時】 2016.5.29(日) 12:00~14:00
【場所】 天シアター・やまんね
【芝居】 バス停のある風景  別役実 ・作
c0209544_10194865.jpg
■■【治療内容】


[PR]

# by tetsubin5 | 2016-05-30 10:23