演劇のお医者さん(若林医院)

tetsubin5.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2016年 07月 25日

◆浦和北高校演劇部  

【日時】 2016.7.24(日)
【場所】 浦和北高校・教室
【芝居】 演劇部・構成 六本のイス祭
c0209544_13395400.jpg
■■【往診内容】

4日後の7月28日にサマフェスに出演予定の浦和北高校への医院。
久しぶり(2年ぶり?)の浦北の医院。
6本のコントで構成した芝居なので、最初に6本の芝居の一部を1分づつ見せてもらった。
芝居好きの高校生たちの楽しそうな芝居になっていたが、ひとりひとりバラバラなままなので、芝居としては立体に立ち上がってない感じ・・・。
本番前なので、なるべくデッサンや装置などに口出しせずに、「ひとり一人の驚き」を喚起しながら、芝居を立体にする作業に終始した。
芝居はどんどん変わっていったが、これを他の部分にどれだけ拡大できるかが問題だ。
ひとり一人の消化度次第。
でも、本番が期待できそうだ。


■■【感想】

鈴木(2年) 部長

今日は本当にありがとうございました!
c0209544_22583910.jpg私自身たくさんのことを吸収することができました。放物線を描くことは決して簡単ではないと思いましたが、絶対に習得したいと思いました。放物線の中でもA、B、Cのどれを使うのかで、全然相手に与える印象が違うということがわかりおもしろかったです。また、どういう放物線を描いていくのかでも印象が違い、普段の私たちって無意識にそれができていてすごいと感じました。イメージの話もしていただき、本番前には先生に教わった引き受けるということを実践したいと思いました。改めて演じるということの楽しさを感じることができた1日でした。密度の濃い時間で、聞き稽古もすごく楽しくためになりました。本当にありがとうございました。残りわずかですが、先生に教えていただいたことを糧にして頑張ります!

▼ アシタ(2年)  男子 演出

今日一日ありがとうございました!
とても楽しい一日になりました。セリフの飛ばし方や、アイコンタクトのとり方など学ぶことは様々で、どれも自分が演技をするにあたって弱い部分だったので改めて指導してもらって見直す機会ができて本当に良かったです
これから待ち構えているたくさんの舞台に今日学んだことを活かしていこうと思います!!本当にありがとうございました。
また来てください。


▼ 池阪真緒 3年 (元、通訳で今回、ダイナマイトの父とヒーローのグリーン)

ご指導ありがとうございました!
すごくすごく楽しくて、濃い時間を過ごすことができました。
c0209544_20213084.jpg
一昨年教えていただいた、放物線への意識が深まったような気がします。ABCを使いこなして、言葉を途中で下に落とさないようにしようと思います。
また、正面でセリフを言うところを具体的につけていただけて、今まで踏みこめていなかったところが改善できました。
外のものに反応して驚いて、ひたすらとぼけて、本番で【コント】ができるようにしたいです。
他のコントを見ていて、放物線を使うと、聞こえが良いのはもちろん、相手役へストンと言葉が入っていくのが目に見えました。同時に役者同士がどんどんノっていき、シーン全体がよくなっていきました。すごい…。
私にとって今回が、若林先生の治療を活かせる最後のチャンスです。なので、今日を含め、今まで処方していただいたことをできるだけ本番で出せたら良いなと思います。
浦北らしくたのしんできます!

[PR]

by tetsubin5 | 2016-07-25 13:40