演劇のお医者さん(若林医院)

tetsubin5.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2016年 06月 28日

◆劇団トラアナ 2016.6.25(土)26(日) 天シアター・Yamanne Open6 本番

【日時】 2016.6.25(土)26(日) 天シアター・Yamanne Open6 本番
【場所】 天シアター・Yamannne
【芝居】 鉄びん3号・作 公演魂
【参加者】 阿部(川越高)、佐竹(正智深谷高)、山口(浦和北高)、茂木(浦和南高)、永井(本庄高)
c0209544_20515754.jpg
■■【治療カルテ】

回を重ねる毎に少しずつレベルが上がってきています。特に今年は、レベルの向上というよりも、その「質の変化」に驚きを禁じ得ませんでした。

昨年はテクとしての「手前渦」とアンテクとしての「無意識力」だったように思います。それによって教員の持つ左脳の縛りからの解放を計ったわけですが、今年のキーワードは「リラックス」と「逃げない壁」だったのかな。もちろんキーワードと言っても、最初からそう思って臨むわけではなく、練習を開始した途端、自然発生的に私の口をついて出てくるワードなのです。
私のことなので、まあ、結局中身は同じことです。
でも例年は「芝居を仕上げる」ためのワードだったのに比べて、今年は「出来た芝居を壊す」ことで、役者のより内部からの台詞を紬出そうとしたワードだったような気がします。それがもう一つ上の「質の変化」をもたらしたのかもしれません。いや、そろそろ皆さんがそれをホントに欲しているレベルになってきたからだと思います。
継続は力だなと改めて思います。
c0209544_13493733.jpg
◆まず阿部先生とコイケ先生。
(コイケ先生はイコダコイチームの方で役者をやった訳ですが、ここはトラアナメンバーとして論じます)
二人とも感情の壁でデンと相手と対立するのが苦手な、いわばお二人の「人柄の良さ」が逆にもう一つ深い演技への入り口で足踏みさせていました。
落語の名人の阿部先生は、相手と対立する前に自分で台詞を完結して、相手と関わる現実をぼやかしてしまう名人だし、コイケ先生は相手とじっくり対立する前に(相手のことを思ってか)サっと体を引いて、「対立はなかったよ」と受け流してしまう名人です。以前から指摘してきたことですが、ここに来て、やっとホントの課題として立ち上がって(顕在化して)きたのでした。そして今回は、二人ともそこをクリアーするキッカケを掴んだようでした。
コイケ先生の2日目の演技はかなりリラックスしていました。それでいながらしっかりと舞台に立っていました。そうなると観客はその役者をすべて受け入れて、何をやっても笑ってくれるのです。一方、阿部先生はリラックスを頭でやってしまっている自分にイライラしている感じでした。しかしこの不満足は貴重で、ここをごまかさなければクリアーはもうあと一歩です。

◆次にモテギ先生。
矢継ぎ早にドンドン要求を出す若林演出に、(「そんなこと言われても出来ない」と)抵抗を示すモテギ女子。本番前でも相変わらずその雰囲気を保ったまま・・・・。
しかし驚いたことに、本番が見事だったのです。こちらの細かい指示もしっかり直ってるし、何にも増して、相手に向かってしっかり立っている。台詞もいい。いい意味で私はショックでした。モテギ女子は他人からの直しよりも自分でしっかり仕上げてくるタイプなのか、ここら辺はあとで本人に聞いてみたいものです。

◆佐竹先生は春頃から別役作品の物言いを掴んできました。ここにきて低いトボケ台詞が安定してきました。
観客を笑わせようという不必要な演技はもうすでに不必要になりました。(やってましたけど・・・)
しかし見ていていろんなことを頭で処理してる感は否めませんでした。
もう一つ演技が深くなるかどうかの分かれ目に立っているように思います。
c0209544_13485077.jpg
◆山口先生は素直にまっすぐ芝居に取り組むタイプ。
農工お~ぷんとやまんねOpenの公開ゲネの2公演を努めてもらった。
体の中で随分リラックスが産まれてきて、今やっと本格的な芝居への入り口に立ち始めた感じです。
確実に何か大事なものを掴んだようです。

◆トラアナとショウチにダブル出演した永井先生の演技の新鮮なこと。
声の良さと頭の良さが今は逆にネックになっている感じ。
「警視総監賞もんだよ。なわけねえよ!」のギャグこそ失敗しましたが、これからのノビシロを考えるとなんかワクワクする予感で一杯です。



■■【感想】  阿部(川越高)

劇団トラアナは3度目のやまんね公演になります。

c0209544_13512594.jpg今回は、特に自分の課題が明らかになった回だったように思います。相手と太く繋がって台詞を言う(入れる)こと、形だけでさばいてしまわないこと。
つまり、「本気でその場を生きること」でしょうか。
生き方の姿勢に関わる問題点なので、克服するのは並大抵のことではありません。それに引き替え、共演していただいた山口、茂木、佐竹の先生方の向上ぶりが、今回とてもよく分かりました。皆さん、トラアナの修行が確実に成果に表れています。今回初参加の永井先生も、急速に吸収して見る見る成長されていました。自分も負けてはいられんなと思う阿部でありました。

それにしても、やまんねOpenで毎度感じるのは、公演を支えてくださるスタッフの方々の行き届いた細やかさと運営力の高さです。それらが高いレベルでこの劇場を支えています。アマチュアなのにプロ意識というのか、志の高さというのか、とにかく本当に格好いいです。この姿勢も、是非学んで活かして行きたいと思いました。

お世話になりました。ありがとうございます。
できれば来年もまたよろしくお願いいたします。


■■【感想】 茂木(浦和南高)

昨年までに比べて、台詞を立たせることがちょっとはできるようになったのではないかと思って(うぬぼれて?)います。今回、他のメンバーを若林先生が直すのをただひたすら聞くことに集中しました。自分が演出されているときはいっぱいいっぱいでわからないことも、第3者の耳で聞いていc0209544_13523075.jpgると分かってくることもある。終わったあとに山口先生とああだこうだと復習したことも一度理解したことを定着するのによかったと思います。ABCマートはまだ不安がありますが、2音めを上げるのはだいぶコツをつかんだ気がします。相手に台詞を入れるというのは直前の若林先生の手助けがないとまだまだダメそうですが、早く独り立ちして逆に部員にエネルギーをたくさん与えられるようになれたらいいです。途中咬んだり客席の反応が気になったり、とても右脳で芝居していたとは言いがたい本番ではありましたが、褒めていただいて嬉しかったです。全てではないまでも、確かに今の台詞(だけ)は伝わったと思える瞬間(一瞬)もあり、それも今回の収穫です。
いつもながら阿部先生佐竹先生の反応の良さに助けられ、永井先生の若いエネルギーに刺激され、終わってみれば楽しい本番でした。
若林先生、天末線の皆さまを始めお世話になった方々にはいくら感謝の言葉を述べても足りません。本当にありがとうございました。


■■【感想】 佐竹純一 (正智深谷高校)
c0209544_13531948.jpg若林先生の台本を上演させていただきました。メンバーがなかなか集まれない、稽古日もとれないという条件は昨年と同じでした。それでも芝居自体(私の演技自体)は早い段階でそれなりなものは出来てしまいました。しかしそこからの深化が難しかったと思います。ウケを取り、コント仕立ての方向性に向けていくことは簡単なのですが、それでは深みがありません。誠実なオドロキで演技を深めていくことは本当に大変なことで、なかなかそれが出来ませんでした。しかし試行錯誤をくり返しながら、二日目の本番はなぜかわかりませんが、邪念が全て晴れスッと目の前のことに集中するだけの体になっていることを自覚しました。本番もひたすら集中して演技することが出来ました。いろいろとやってきたことが本番間際になって上手くまとまり、良い結果が得られたのだと思います。この経験を次回の芝居作りに生かしていきます。若林先生、天末線の方々には本当にお世話になりました。ありがとうございました。


■■【感想】 永井良介 (本庄高校)

諸先輩方に囲まれての稽古・本番でしたが、役者自体へのブランクがだいぶありましたので、あまりガチガチにならずにいい意味で開き直って臨めたと思います。自分が役者側に実際に立ってみて、役者が目指すべき理想のヴィジョンは「舞台上での会話」だと改めて実感できました。「こうすればいい」のような考えではなくて、その瞬間の相手との間だったり表情だったりを読む、と。その点、個人的に電話のセリフが結構あって難儀しました。何回もシャドウを繰り返していくうちに少しずつ電話相手の言葉が聞こえてきたのですが、まだはっきりと反応できないままに本番を迎えてしまったのは反省です。
c0209544_13545004.jpg今回、役柄的に他のキャラクターとの絡みが少なかったのですが、「舞台上の会話」を作り上げていくポイントになりそうなこととして印象に残っている点が2つあります。
一つは阿部先生に手錠をかけたり叩いたり、連行したりするシーンです。最初は「これは演技だから。お芝居だから」と意識してもどうしても強くいけない気持ちがあったとき、阿部先生から「ドンドンやっちゃってください」と言っていただいたことでだいぶ楽になれました。トラアナは大人どうしの空間というのもあって、その点は一定のベース(安心感?)があるとは思いますが、部員たちの間でもそういう「会話」をしやすくするためのやりとりをもっとしてもらわなきゃいけないのかな、と感じました。
もう一つは「警視総監賞」です。アレすごい苦手でした。自分自身が警視総監賞というワードに全然ピンときてなくて(ついぞ本番もピンとこないまま言ってましたが)、自分のセリフから逃げてる感じが筒抜けになってしまっているなぁと自分でも感じていました。当然ダメだしが入り、そこはもう振り切って茂木・山口先生にぶつけるしかないと割り切ったとき、一回だけスッと言えた感覚がありました。本番でできていたかといえば…うーん・・・。

ただ、理想のヴィジョンをどう実践していくか、ということと、どう教えていくかというのは案外同じようで違うというのも感じました。というのも、自分がやる分には実際にやってみて、指摘されたことを修正していけばよいのですが、教える立場になると、演技をしている人が本当に「会話」になっているかどうかを即座に見極められる力量がないと指摘してあげられない。ちょっとでも迷いや妥協をしてしまうと、そこから演技が崩れてしまう。
今まで色々と指導面で難しいなぁと思うところが多々あったのですが、今回の公演を通して指導側としての力不足も痛感しました。

本番やゲネ等々、若林先生をはじめスタッフの方々には大変お世話になりました。恩返しのためにも、秋大会からは今回の経験を活かさなければ。


■■【感想】 山口寛子 (浦和北高校)
c0209544_13560691.jpg関係性がチャンとみえる芝居になったのだろうか。相手に、台詞が入ったのだろうか?自分の台詞はどうだったのだろうか?

芝居が終わったあとは、こんなはずでは…という気持ちで一杯でした。今回の芝居は、観客にどうだったのだろうか?と。

という反省もありながら、本番は楽しかったです。阿部先生や、佐竹先生と、少しは会話の成立が出来たのではないかと思います。本番前に、若林先生にみていただき、自分が思ったことを確認したり、台詞の言い方を確認したり、安心して本番に突入することができました。ヤマンネという舞台で、ゲネとはいえ、芝居ができたことは、本当に、ありがたく、嬉しかったです。ありがとうございました。秩父農工のおーぷんでも、270度のシアターで、楽しく芝居することができました。まだまだ精進せねばと思っています。次回も修行したいです。

[PR]

by tetsubin5 | 2016-06-28 18:13
2016年 06月 28日

◆劇団みどり 2016.6.25(土)26(日) 天シアター・Yamanne Open6 本番


【日時】 2016.6.25(土)26(日) 天シアター・Yamanne Open6 本番
【場所】 天シアター・Yamanne
【芝居】 バス停のある風景  別役実 ・作
c0209544_21010341.jpg
■■【往診カルテ】

7年前から始めた年一度のコント修行。今年で6回目。

今回は台本覚えの時間が短縮出来たのが大きく、本格的な練習に時間が取ることができた。
やっと本格的な芝居の入り口に立った感じッスね。
c0209544_16520931.jpg矢継ぎ早にドンドン要求を出す若林演出に、無意識なところで抵抗を示してきた京子女子。この抵抗を越えられるか、つぶされるか、芝居を続けるからにはいずれかは問われることになるなあ、って思っていたところ、あることをキッカケにして「抵抗の原因は自分にあった」ことが判り、途端に演技が柔らかくなって、台詞が本人の体から出るように変わってきました。
演技が徐々に「表現」に変貌してきました。

一方ノブヨシ氏は素直にまっすぐ芝居に取り組むタイプ。
しかしどこかで(他人から見られてる)自分をドッと捨てる瞬間が必要。
今回、自分なりのリラックスを見つけた。この不思議な感覚は、いままでに経験してこなかった感覚。確実に何か大事なものを掴んだようですな。




■■【感想】


▼ 根岸京子

公演では、たくさんの方々にお世話になりました。皆さんのあたたかさを色々なところで感じ、力をたくさんいただきました。本当にありがとうございます。

今回の練習では多くの収穫がありました。
練習中に「そうじゃなくて・・こう」と言われるとすぐに修正ができず、それにとらわれ
「カチン・コチン」に委縮してしまい、リラックスどころか真逆に向かってしまうのです。その繰り返しでした。
c0209544_16523939.jpg本番まじかの練習で、タコになって体の力を抜くという事をやったのですが、その時の脱力感が気持ちよく、そのイメージが次の練習につながった気がします。最後の練習で、劇中の役のイメージを飲み屋のママにし、ガムを噛みかみやってみると、力が抜けて声もでるようになりました。
最後までこの状態は維持できませんでしたが、「いい感じだったよ」と言われ、この時に
リラックスする手がかりを掴めたような気がします。
本番では、思いきりイメージの中でやろうと向かいました。課題のリラックスをして。
結果、少し役に入れた瞬間があり、楽しいと思えた時がありました。
いつも言われていた「芝居は楽しいんだよ・・その楽しさを感じてほしい」と言うとこ
に近づいた。「やっと ここまできたかー」と感慨深い気持ちです。
本当にありがとうございました。


▼ 根岸伸好
 
天末線、そしてスタッフの皆さま、大変お世話になりました。
またほかのチームの皆さまからも、温かい声掛けをいただきましてありがとうございました。
他のチームの本番の舞台を観ることはできませんでしたが、モニターや、観客席下でのほとんど声だけや、練習とかを観させていただいて、そのエネルギーや、テンポの良さ、軽妙さ、とぼけた味、自然さなどなど、印象深く残っています。
私の今回の一番のキーワードはリラックスでした。
c0209544_16530850.jpg酔っぱらった感じで練習もしましたが、やってるうちにどんどん醒めてしまったり、なかなか身につきません。でもこの練習は、私にとってとても大きなヒントになりました。ほんの少しだけど、ちょっとフッキレた感覚を味わえたような気がします。
本番2日目の舞台は、自分としては今までより少しリラックスして芝居に集中できたよう
な気がしました。
しかし相手のセリフをしっかり確認せず、間を間違えたところもありました。
芝居の世界に入っていたのか、それとも自分の世界に入っていたのかちょっと微妙です。
脱力、リラックスと、気の張り、外への集中。
課題は相変わらずいっぱいありますが、いままでより随分楽しむことができました。
ありがとうございました。


[PR]

by tetsubin5 | 2016-06-28 18:11
2016年 06月 28日

◆劇団みなみ  天シアター・Yamanne Open6 本番

【日時】 2016.6.25(土)26(日) 天シアター・Yamannne Open6 本番
【場所】 天シアター・Yamannne
【芝居】 畑岡完紀 ・作 バック
【参加者】 畑岡完紀  石塚正俊  宮川岳史
c0209544_21035312.jpg
■■【感想】
 畑岡完紀

この度、やまんねopenにお誘い頂きありがとうございました。そして、今回の公演を見ていただき誠に光栄です。劇団みなみの初公演がやまんねopenであったことを、とても誇りに思います。
私にとっての今公演のスタートは去年の中央大会で若林先生に話をもらった時でした。面白い台本を書いてと言われ、考えに考え、ついに5月の初め頃に台本の骨組みが完成しました。そこから、練習が始まりましたが、本番までに、集まれたのは4日ほどで、そのうち、動きを付けた練習ができたのは、2日ほどでした。舞台上では、まともに練習できなかった不安が生む緊張に体が強張り、思うようにいかなかったと思います。しかし、リラックスした、明るい、やまんねの雰囲気にとても助けられ、その結果、公演ではお客様の笑いを誘うことができました。舞台から見えたお客様の生き生きとした笑顔が鮮やかに蘇ります。
そして、今公演で恐縮ながら共演させていただいた他劇団の方々には、多くのことを学ばさせて頂きました。非常に感謝します。
また来年も機会があれば、今よりはるかに魅力的な劇を作ります!
とても楽しい公演でした!
いつか、若林先生に稽古をつけて頂きたいです。それまでに、私自身精進したいと思います。今回は本当にありがとうございました!!


■■【感想】 宮川岳史

今回、私達劇団みなみの処女公演を見ていただきありがとうございます。私にとっては、去年の10月から約8カ月ぶりに役者になったのでとても緊張してしまいました。しかし、久しぶりに役者をやったことで高校1年の時の初舞台を思い出すことができ、良かったと思っています。やまんねの舞台はどこからでもはけたり、入ったりすることができるのですごく面白かったです。

今回はこの様な大変貴重な経験をさせていただきましたこと、またやまんねで関わることのできた皆様に厚く御礼申し上げます。
来年もまた参加して、良い劇をしたいと思います。本当にありがとうございました!


■■【感想】 石塚正俊

この度、やまんねopen6に初めて参加させていただいたこと、並びにみなみの初公演をやまんねでやらせて頂いたこと、やまんねに宿泊させていただいたこと等々、とても貴重な体験の機会を頂けて大変有難かったです。本当にありがとうございました!
練習があまり思うようにできず、また衝突も多くて(原因自分ですが)不安でしたし、舞台上がる事への緊張もありましたが、若林先生や他の劇団さん、現役メンバーやスタッフ皆様の温かさと、やまんねの雰囲気にいつしか不安や緊張といったものも和らいで伸び伸びと劇ができました。
このやまんねでは様々な所で多くの課題が見つかりましたし、自分を見つめ直す事の出来る大変良い機会でした。
個人的にはとても楽しかったのですが、不甲斐ないといいますか、かなり消化不良の部分があるので来年またリベンジさせて頂きたいです。

[PR]

by tetsubin5 | 2016-06-28 18:08
2016年 06月 28日

◆劇団400 イコダコイ  天シアター・Yamannne Open6 本番

【日時】 2016.6.25(土)26(日) 天シアター・Yamannne Open6 本番
【場所】 天シアター・Yamannne
【芝居】 コイケユタカ・作 不惑のアクセス
【参加者】 小関愛美 千葉克文、コイケユタカ、鉄びん、金子祐子
c0209544_21090960.jpg
■■【診察カルテ】

もう力のある人達の芝居なので、演出はひたすら楽しい作業でしたね。
県外から危うい運転で駆けつけてくるまなみ~に楽しんでもらいたい気持と、
コイケ先生の「いい人引き」の治療と
千葉の(今までやってこなかったので、みんなの前では指摘しにくい)台詞の基本の治療とがない交ぜになって、でも毎回楽しい治療だった。

いやあ~しかし、私にとってはなんと言っても座長のイコダの出現が驚きでした。
「公開ゲネ」に出られなくなったまなみ~の代わりに、急遽出演が決まった関係で、ゲネの前日にフッとやまんねにやって来て、翌日の「公開ゲネ本番」をただただ楽しそうにやりこなして去って行ったのでした。若いマナミ~がいくら魅力的な演技でも、それはそれで彼女には出せない味でした。
私はと言えば、「そうだよな、Openってこれでいいんだよな」と思い直し、逆にこれからのマネジメントに大いなる勇気をもらったものでした。もともと「芝居で宴会」をやるように、まず芝居を楽しむだけが目的ではじめたOpenなのでした。これからのマネジメントに光を当ててくれました。もちろんそれは、練習を否定するものではなく、事実、上述の事柄はみんな練習を積んだ過程があっての成果です。言い換えれば、最終目標はもっとゆるく、楽しいところに置いておきたい、つまりいろんな芝居の楽しみ方があっていいと、改めて再認識させられたのでした。


■■【感想】

▼ 小関愛美(まなみ~)

お疲れさまです。
今回でおーぷんは2回目の参加で、最後の打ち上げまでみっちりの濃い二日間でした…前回よりさらに楽しめました。

公演日は、小池先生も千葉さんも役者として居られる時間がかなり少なかったにも関わらず、舞台にあがるとまったく支障がなくて。安心して芝居できました。まさにレジェンド…! すごい。あんな風にスタッフとか演出やってても自分の芝居で役者できるようになりたいなぁと…!あと想像してた以上にお客さんに笑って貰えて楽しかったです。公演数日前から「本番終わったらこの芝居もうできないんだよなぁ…」ってひとりでブルーになっておりました(笑)稽古も本番もずーーーっと楽しくて終わるの辛かったです(笑)。たくさんご迷惑かけたと思いますが、本当にお二人と芝居できたのが幸せでした。ありがとうございます!金子さんも時間を作ってゲネ参加して頂いて、感謝しきれません。今年の運はもう使い切った気がします!(笑)
 でもこの思い出だけであと10年は生きられます‼お疲れさまでした!

 今回公演に誘って頂いて、本当にありがとうございました。稽古も本番も楽しかったです!
来年もぜひ参加したいです! 役者でもスタッフでも!
本当にお疲れさまでした! ありがとうございました‼


▼ コイケユタカ (秩父農工)

 とにかく若林先生の演出を受けるた めに千葉に声かけ脚本書いて、と始めた企画なので、感謝しかありません!最終的には学んだことを秩父農工演劇部の指導に還元するのが目的ですが、ひとまず それは置き、役者としての精進や演技を愉しむことに集中しました。土曜朝が「左脳で考えた浅い」一本だったので、外に集中だけをテーマにリラックスして臨 んだ本番。快感!千葉&マナミー&伊古田に感謝です!


▼ 千葉克文  

舞台監督の仕事もあったわけですが、役者としては、ほんと楽しめました。コイケ先生ともガッツリ絡めたのも初だし、まなみちゃんとは初共演だし。このOpen企画が無ければなかなかできない組み合わせで、よかったです。
それに、急遽伊古田とも組め、改めて伊古田の役者センスも観れたし、いやぁ~最高でした。
個人的には、結局いつも最後は「気持ちで」ってことになってしまうのだけど、
今回は数回の練習を重ねて次回の役者に繋がるかなっていう「リラックス」だったり、
科白の言い回しだったり出来た気がします。
先生に役者として芝居の中を旅してって言われましたけど、今後の芝居も予測不能な面白い旅が出来たらと思いました。



▼ 金子祐子(イコダ・コイ)

今回は、まなみちゃんの代役で6/19のゲネのみ参加しました
若林先生、千葉センパイ、小池先生から電話をいただき、意外とアッサリ参加を決めてしまいました。
話をもらったのが2週間前、台本を見たのが10日前、直しで変わった台詞をまとめた最終的な台本を見たのは2日前の夜でした。
更にはゲネの5日前には3日間、私用で福岡に行っていました。
なんか無謀なことを引き受けてしまって大丈夫だったかしら~?と思っていました。
ですが、もうどうせ、まなみちゃんの様に可愛くは出来ないし、練習も前日しか出来ないのだから、自分の持ってるものでやるしかない!と、開き直ってやらせていただきました
ゲネ前日、始めての通し……。
これがまた最初から楽しくて、楽しくて
先生の直しは動きの調整くらいであっという間に終わりました。
一ヶ月前ならば直す所はたくさんあったのでしょうが、さすがに前日なので先生も見ないふりをしてくれたのでしょう。
結局、全部で10回も通さないで本番をやってしまいました。
本番が1番楽しくてノリノリにできましたよ。
練習しなくても、こんなに楽しく、すぐに芝居が成立してしまうことにビックリしています。
もちろん、お相手が千葉センパイと小池先生でしたので安心して出来ました。
先生いわく、経験者だからさっと集まって少し練習して芝居が成立しちゃう。
気負わずに、楽しんで芝居が出来る環境にしたい。
それが劇団400 ‼
今までは練習にあまり参加できないから、とか、仕事が忙しくて、とか、
がっつり練習しないと心配なので、とか、の理由で劇団400をお休みしていました。
でも、このやり方で出来るのであれば、劇団400への参加の仕方が変わってきます。
ハードルが下がるし参加しやすいと思います。
しかーし、私は先生の直しが大好きです。
直してもらって自分が良くなり、周りも芝居全体も上がっていき、本番に向けて良い芝居をつくるのも捨てがたいです。
なんとも、わがままな事を書きましたが、結論、みんなそのうち死んじゃうんだからやれる時は考えすぎずにやっちゃおう!楽しんじゃおう🎵って感じです。
急に、少しだけ参加したのに天末線のみんなは優しいし、居心地いいし、スタッフの引き受けは素晴らしくて、頭が下がりました。
天末線の芝居、すごく面白かった~。
練習の時より本番の方がやっぱり良かったですよ。
そして、劇団みどりのお二人の頑張りに感動しました。
面白かったです。
イコダコイは、お客さんもクスクス笑っていて、本番が1番良かったと思います。
まなみちゃんの若々しい演技が羨ましいです。

最後に……今回のことで、劇団400の可能性が広がりました。
どんな状況でも参加は出来るし楽しめる。
そして、長年若林先生に教えてもらったことは身についている、と思いました。
自信を持って楽しんじゃえばいいのかな?と思いました。
大したお手伝いもできず、いいとこ取りだけさせてもらい、そして楽しませてもらいました。
本当に、ありがとうございました。

[PR]

by tetsubin5 | 2016-06-28 18:05
2016年 06月 28日

◆劇団ショウチ 2016 6月25日、26日 やまんねOpen6 本番  

【日時】 2016.6.25(土)26(日) 天シアター・Yamannne Open6 本番
【場所】 天シアター・Yamannne
【芝居】 別役実・作 死体がひとつ
c0209544_21120306.jpg
■■【感想】

▼ 松井伽羅

やまんねOpen6を終えての感想です。 Open6お疲れ様でした!死体処理係です(笑)2日間大変お世話になりました。そして、楽しい時間をありがとうございました!!
文章書くの下手ですが大目に見てください。
去年も参加させて頂き、初めて役者として舞台に立ちました。それから、私自身にたくさんのことがありながら、別役先生の芝居をやっていました。今年4月に 顧問の佐竹先生と別役先生の二人芝居をやることになっていて、稽古に詰まりを感じ始めたとき、若林先生には本当にお世話になりました。おどろき、とぼけ、 放物線など教えていただきました。少しずつ理解してきていると思いますがまだまだダメダメなのでもっと頑張っていきたいと思います。
話がごちゃごちゃしていてすみません(泣)
今回のOpen6では「楽しむこと」が私の目標でした。もちろん、目標達成できました!やっぱり演劇楽しいな、好きだなって思いました。それは皆さんのおかげだと思います。ありがとうございました!
これからは後輩の中嶋君、顧問の佐竹先生といろいろと頑張っていきます。
また、皆さんと楽しく演劇出来る場があると嬉しいです!!
本当にありがとうございました!

▼ 中嶋晃喜

僕は初めてこの舞台に出ましたが
素晴らしい先輩たちに囲まれてとても緊張しました。今度は緊張しないように先輩方を目標にがんばります!


▼ 佐竹純一 

 4月の春大会で生徒の松井さんと二人芝居をやりました。その勢いでやまんねおーぷんにも出場させていただきました。演目は「死体がひとつ」です。春大会の勢いそのままに、かなり早くに芝居を作ることは出来ました。しかし、その後伸び悩んだまま本番を迎えることになってしまいました。若林先生の理論「オドロキ」「トボケ」「放物線」の三本の矢をベースに左脳芝居から右脳芝居への転換をはかりましたが、そこまでは行かず、左脳の芝居で終わってしまったように思います。ある程度の芝居は作れるようにはなってきましたが、また壁にぶつかってしまったようです。ですが3回目の出場で、芝居の作り方や調整の仕方などわかってきたことも多くあります。芝居の出来はまだまだだですが、今後もこのまま頑張っていきます。ありがとうございました。


▼ 永井良介 (本庄高校)

トラアナの方ですごく教員らしい(?)カタい感想になってしまったので、柔らかく。
同じ地区でお世話になっている佐竹先生と、前々から「面白い子やなぁ」と思っていた松井さんと、トラアナとはまた違った雰囲気(お互いに知っているという意味の安心感)で、ひたすら楽しく稽古ができました。ただ、絶対的に自分の稽古量が足りていなかったのは事実です。別役作品に触れるのは初めてだったというのもありますが、今回の公演は最初の稽古でチラッと聞いた別役流コントのつくりかたとは違うやり方でやらざるを得なかったとことは心残りではあります。そのぶんよくわからないし、遊んじゃえ、という方向でいきましたが。。

いつもそうなのですが、本番の記憶ってあまりないんですよね。袖でスタンバイしてるときはよく覚えているんですけど、舞台の上に出てきてからはほとんど細かい内容を覚えてないです。でも、本番の2回ともお客さんの笑い声が聞こえてすごく気持ちが良かったです。真面目にやって笑いがとれると、気持ちが良いってことを久しぶりに思い出しました。

演劇ってつくるのは大変ですし本番前日あたりはなんでこんなことやってるんだろうと思ってしまいますけど、やってみると楽しいんですよね。
不思議ですねこの感覚。

[PR]

by tetsubin5 | 2016-06-28 17:57
2016年 06月 21日

◆劇団400 イコダコイ   2016.6.21 いよいよ最終練習

【日時】 2016.6.21(火) 10:00~12:00
【場所】 秩父農工・清心館ホール
【芝居】 コイケユタカ・作 不惑のアクセス
【参加者】 小関愛美 千葉克文、コイケユタカ、鉄びん
c0209544_15011540.jpg
■■【往診内容】

いよいよ最後の練習となった。
一昨日の公開ゲネは、座長のイコダが、練習ほとんど0にも拘わらずいい芝居が実現。
アイツは天才だ。
さて、まなみ~がどういう本番をするのか、逆に楽しみだ。

今日は、千葉の「愛の告白」の場面を30分ほど直して、後は時間まで4本の通しのみを行う。
ひたすらリラックスを心掛けての通し。
りラックスすればするほど、役者からの気が出てきて、演出は遠のいていく。
これ、演出の醍醐味。
芝居は役者のモノ。芝居を役者に返す。これ、演出の義務。
これでOpen6の演出の仕事はすべて終わった。
う~ん、今夜は(も)ビールだ。

c0209544_15011948.jpg
■■【感想】 小関愛美

お疲れさまです。
今回は短時間でかなーり濃い稽古でした…終始細かい直しが入ったにも関わらず、小池先生と千葉さんが調整出来ててすごかったです…!

小池先生と千葉さんはゲネの集中が続いてたんでしょうか?いつも以上にいいテンポで、最初のアケミ登場シーンで緊張しちゃいました(笑)二人の流れについていけない気がして(笑)
イコダさんとの幻の3人コントがきっと良い影響を与えてくれたんですね…去年に引き続き、イコダさんに頭が上がりません…!!ありがとうございました‼

まずゲネで変わった部分の調整。
アケミにギンジが告白する場面。
いきなり芝居の核心の場面で焦りましたが、小池先生と千葉さんの集中が安定してたので、わりとすんなりいけました。セリフの間が中途半端だなと感じてた部分が、細かい直しで埋められてすごくやりやすかったです。

そこから通し後に調整する作業を繰り返して、どんどん芝居が変わっていって、すごかったです…なんかすごいな!!って感じ(笑)若林先生の細かい最後の調整が、もう次の通しではある程度直ってたという…。気のせいかも(笑)でも若林先生の直しが的確で。これをシャドーで再現できるか本番までかなり不安なのですが(笑)

自分はちょっとテンポが掴みきれてない部分があったのが悔しかったです…やっぱりゲネ参加でかなり変わるんですね!悔しい!悔しくて仕事終わりにシャドーやりました‼他の二人に負けないように、今日もやりまくります(笑)
あと本番まで3日もないですが、自分と観てる側が楽しくなれるようにやろうとおもいます‼よろしくお願いします‼



■■【感想】  コイケユタカ

本番も近いので、全体を俯瞰して「目立つダメ」「もったいない部分」を修正する稽古から、後半は一本通しを重ねました。自分が今回度々直してもらった「引いてしまう」部分は、つくづく自身の日常的な在り方、コミュニケーションスタイルの表れだと感じます。いや~、芝居って生き様が出ちゃうんですね(笑)。例えば、白けた空気に負けてトイレ行く場面や、デートが破綻してやめようと言い出す場面など。セーボーが弱気だったり劣勢だったりするシーン、つまり役の人物が「引いてる」ところでそのように演技したつもりだったのですが、そこに人物ではなく役者が、セーボーではなくコイケが見えてきちゃうわけです。最後はリラックスで、ドーンとそこに存在することで、セーボーとして15分間を生きたい、と思います。
土日の本番、みんなで愉しみましょう!!


[PR]

by tetsubin5 | 2016-06-21 15:09
2016年 06月 20日

◆劇団みなみ  2016.6/19  Yamanne Oen6 公開ゲネ参加

【日時】 2016.6.19(土) 12:30~20:30
【場所】 天シアター・やまんね
【芝居】 畑岡完紀 ・作 バック
【参加者】 畑岡完紀  石塚正俊  宮川岳史
c0209544_20413324.jpg
■■【診察内容】

埼玉高校演劇連盟・南部地区のそれぞれの学校のOBが集まってつくった劇団。
今回が処女公演。
元気のイイ声、動きが信条。
今週末の本番が期待できる。
若さ溢れる演技を期待したいものだ。


[PR]

by tetsubin5 | 2016-06-20 16:27
2016年 06月 20日

◆劇団トラアナ    2016.6.19(日)  Yamanne Open6 公開ゲネ当日

【日時】 2016.6.19(日) 9:00~22:00
【場所】 天シアター・やまんね
【芝居】 鉄びん3号・作 公演魂
【参加者】 阿部(川越高)、佐竹(正智深谷高)、山口(浦和北高)、茂木(浦和南高)、永井(本庄高)
c0209544_20393124.jpg
■■【往診内容】 

Yamanne Open6 公開ゲネ当日。

遠いいところから通ってくる先生方に、是非持ち帰ってもらいたい。
それぞれの部の生徒達の演劇的感性をビシバシ上げてもらいたい。
何にも増して、演劇の本当の面白さを掴んで欲しい。
そういう野望を持って、先生方の演技を見る。

午前中のリハ。それぞれ個人的にかなりこなしているのだが、台詞がいつの間にか、相手に入らなくなっている。
「ああしよう、こうせねば」という<使い慣れた>左脳が前面に出ている。
いっそのこと何にも考えなければいいのだ。開き直ってしまえばいいのだ。

昼休みに1時間ほど時間をもらい、下のグランドに下りて、上述のことを頭において、本番直前の直しをする。

ゲネ本番は、かなりエネルギーが回復してきた。
問題は2本の本公演。どうなるか、私は開き直ったゾ!




■■【感想】  阿部(川越高)

最初のリハーサルでの通しは、ハッキリ言ってヘロヘロでした。
「こりゃ駄目だろ」と思われた若林院長に、Mi後の貴重なお時間を割いていただいて、弱点の矯正とエネルギー出しをしていただきました。

どうも「落語癖」が抜けません。相手としっかりと繋がり、芝居の線を太くするだけなんですが。「ここぞ!」といういいポイントでスッと引いて逃げてしまうのが、自分でもわかるだけに悔しい。性格の弱さというか人柄の細さというか、どっかで相手から逃げている感じ。もしかして相手を怖がっているのかも知れません。
そんな意味で、役者はもっと「図太い悪党」である事が大切なのではないか? というのがここ最近の自分のテーマです。

週末の本番では、ふてぶてしく相手と繋がる快感をもっと味わうつもりで稽古してきます。


[PR]

by tetsubin5 | 2016-06-20 16:21
2016年 06月 20日

◆劇団SHOWもない人々  2016.6/18  やまんね初参戦

【日時】 2016.6.18(土) 12:30~16:30
【場所】 天シアター・Yamanne  
【芝居】 栗★兎・作 浪漫飛行へ
【参加者】 本橋リュウ 上原愛 村野穂波 黒澤多生 猪又ヨシオ 
c0209544_20374979.jpg
c0209544_20375336.jpg

[PR]

by tetsubin5 | 2016-06-20 16:12
2016年 06月 20日

◆劇団400 イコダコイ   2016.6.18 座長・イコダコイ急遽参加

【日時】 2016.6.18(土) 10:00~16:00
【場所】 天シアター・Yamanne  
【芝居】 コイケユタカ・作 不惑のアクセス
【参加者】 イコダコイ 千葉克文、コイケユタカ、鉄びん
c0209544_20361003.jpg
c0209544_20361504.jpg
■■【治療内容】  「やまんねOpen6・公開ゲネ前日」
[PR]

by tetsubin5 | 2016-06-20 16:09