演劇のお医者さん(若林医院)

tetsubin5.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2016年 05月 31日

◆劇団400 イコダコイ   2016.5.30

【日時】 2016.5.30(月) 19:00~22:30
【場所】 天シアター・やまんね
【芝居】 コイケユタカ・作 不惑のアクセス
【参加者】 小関愛美 千葉克文、コイケユタカ、鉄びん
c0209544_15250461.jpg
■■【治療内容】

■■【感想】  千葉克文

役者の楽しみってなんなんだろうと改めてかんがえてしまう稽古でした。
中から出てきたものを表現するってのが一番なわけで、これはテクニックってことでもないと思うので、気持ちの問題かな。
なかなかこれが一発目から出せずに、毎回エネルギーを演出に注入していただいてるって感じです。オハズカシイ。
どんなにリラックスした芝居でもそれだけってのは、見ている側も何の面白みもないので、そんな芝居にならないようにしていきたいッス。
多分、リアルな芝居になれば、リラックスや声の響きなどテクニック的とこも自然と出来てくるんじゃないかな。
まあ、あんまりタイトに考えるときつくなってしまうのですが、ゆるい中にも厳しさを入れつつ「表現」を楽しんでいきたいと思います。

<報告です> ちょっとした事情でゲネプロにはイコダコイの座長も出演していただけることになりました。楽しみふえやした。



■■【感想】  コイケユタカ

前回はアゴストと低く響く声で人物のベースをつくりましたが、往々にして陥りがちな「リラックスは出来ていても芝居が小さくなったり線が弱くなったりする」にハマっていたようで、今回は驚きで芝居の線を太くする稽古になりました。進めていくうちに自分でも、声の響きに拘りすぎていたり、驚きが小さくなったりしていることに気づき、改めて原点に戻ったような感じでした。芝居作りは、そのプロセスでいくつもの要素を勘案しなければならないので、一つずつ焦点を絞ってトライしていき、ゲネプロや本番では一切それらを忘れて舞台に立つ、というのが理想なのでしょう。逆に、早く忘れる(左脳から右脳へ)ために今の稽古がある、とも言えるわけですね。
精進します!


[PR]

by tetsubin5 | 2016-05-31 15:28
2016年 05月 30日

◆劇団みどり  2016.5/29  5回目

【日時】 2016.5.29(日) 12:00~14:00
【場所】 天シアター・やまんね
【芝居】 バス停のある風景  別役実 ・作
c0209544_10194865.jpg
■■【治療内容】


[PR]

by tetsubin5 | 2016-05-30 10:23
2016年 05月 30日

◆劇団ショウチ   2016.5.28  2回目

【日時】 2016.5.28(土) 14:00~16:30
【場所】 天シアター・やまんね
【芝居】 別役実・作 死体がひとつ
c0209544_10170223.jpg
■■【治療内容】

■■【感想】 松井

4月の本番前に少しできそうだっだ『ABCマート』が、毎日の稽古で細かくきちんとやらなかったせいで戻ってしまいました。でも、今回でまた感覚を掴めたような気がするので、サボらず毎日稽古で『ABCマート』を徹底していきたいと思います。今度こそはしっかりとやっていきます。飛びながらセリフを言ってみたり、Bをめっちゃたたせてみたりして、楽しい稽古ができました。次回の若林医院ではセリフを落とさないように楽しく頑張っていきます!!!

[PR]

by tetsubin5 | 2016-05-30 10:17
2016年 05月 30日

◆劇団みなみ   2016.5.28

【日時】 2016.5.28(土) 12:30~16:30
【場所】 天シアター・やまんね
【芝居】 畑岡完紀 ・作 バック
【参加者】 畑岡完紀  石塚正俊  宮川岳史
c0209544_10115752.jpg
■■【治療内容】

■■【感想】

 畑岡完紀

今回初めて当劇場にお邪魔しました。劇場内を見学させていただき、数々の仕掛けや、工夫、それに充実した機材に、道具を拝見しとても感銘しました。まさに男心をくすぐられました。
また、今回舞台に少し立たせてもらい、本番どのような感覚で動けるのかを体験させてもらい、現場を細かく想定して練習することの重要性を身にしみて感じにました。
そして、他劇団を若林先生がご指導されているところを見て、間接的に劇の治療を受けました。とても学ぶことが多く、不連続性や、セリフの放物線、そして、役者の動かし方と、一昨年参加した若林先生のワークショップの内容にさらに一方踏み込んだ内容を学べました。
今回、私自身の課題が多く見つかったので、練習に励みたいと思います。面白い舞台を作ります。
ありがとうございました。
c0209544_10340267.jpg


▼ 石塚正俊

セリフの中の高低差と動きの中の高低差、聴覚的なもの視覚的なものの双方があり、まだまだ甘く偏りがある自分達にはまだまだどちらも足りないのでとても参考になりました。セリフのABCでは、言い回し、強弱、感情、落とし方と、セリフ一つでも多様の変化がつけられることが今一度学べました。ボソッとセリフを言う場面も、対象に向かって投げることにより、聞こえないようで、聞こえさせることができると知りました。また、人のセリフは不連続性があるということや、動きとセリフどちらも工夫し、お互いを最大限に生かし合うことを聞き、自身の演技に取り入れたいと思いました。
また、今回劇場を見学し、様々なところに工夫が凝らされており、とても感動しました。また、以前劇場が焼肉屋さんだったということを聞いて驚きました。
ガチガチに緊張していたのですが、優しく暖かく迎え入れていただけたのでとてもありがたかったです。


▼ 宮川岳史

c0209544_10340521.jpg今回参考になる事がたくさんあり、とても勉強になりました。セリフの言い回し、落とし方、強弱の付け方や不連続性を用いる事で動きによりリアリティが生まれる事、舞台での立ち位置など参考になる事が多く、私達に足りていないものを知ることができて良かったと思います。会場の音響・照明設備が、舞台がよく見える位置にありとても充実していると感じました。また、役者の出入り口がそこら中に存在していました。これについて私は、役者が様々な場所から出ることができ、劇に対して多くの可能性や発想が広がるなと感じました。会場が元は焼肉店で、客席も一から作ったと聞き非常に驚きました。パイプイスの使い方にも工夫があって、すごいと思います。
会場を案内されている時は、始終驚きっぱなしでした。かなり緊張してしまいましたが、とても充実な時間を過ごしたと感じました。ここで劇をやるのが楽しみです。今回は本当にありがとうございました。

[PR]

by tetsubin5 | 2016-05-30 10:12
2016年 05月 25日

◆劇団400 「イコダコイ」  2016.5.24 4回目

【日時】 2016.5.24(火) 17:30~22:15
【場所】 天シアター・やまんね
【芝居】 コイケユタカ・作 不惑のアクセス
【参加者】 小関愛美 千葉克文、コイケユタカ、鉄びん
c0209544_17090698.jpg
■■【治療内容】

ひたすら芝居の線を太く紡ぐ。
途端にぐんぐん面白くなる。
ベースは出来たので、あとは役者のクリエイトがどれだけ出てくるかが、勝負かな。
その線に沿ってのシャドーを期待したいところだが、それぞれ仕事のことを考えると、まあ、ちょっとどうかな? あまり要求は出来ない。しかしそれが「快楽」や「喜び」なら、少しの時間でもやってしまう「欲望の法則」に期待しよう。
まなみ~のバイクで通うのが、今一番心配だ・・・。




■■【感想】 コイケユタカ

前回より深く掘り下げた稽古でした。まず自分の声が固いのをあの手この手でほぐします。自分でも探りながら響きを追求したり力を抜いたり試していく中で、「クセをとる」ことと「声を響かせる」ことと「人物のベースを創る」ことが同じこと(根は一つ)であることに気づき、驚きました。ひとまず処方箋として「アゴスト」に辿り着くわけですが、それはそのままクセとりにも声の響きにもなり、かつセーボーがコイケユタカではない人物として輪郭を現すことにも大いに貢献するのです。とはいえ、自分としては課題山積になりましたので、まぁそれも愉しみつつチャレンジを重ねていこうと思います。また今回は、今まで以上にギンちゃん(千葉ちゃん)やアケミ(まなみー)の勢いが感じられ、それに助けられてこっちも乗れた感じでした。またみんなで頑張りましょ-!

[PR]

by tetsubin5 | 2016-05-25 17:09
2016年 05月 23日

◆劇団トラアナ  2016.5.22   4回目

【日時】 2016.5.22(日) 9:30~16:30
【場所】 天シアター・やまんね
【芝居】 鉄びん3号・作 公演魂
【参加者】 阿部(川越高)、佐竹(正智深谷高)、山口(浦和北高)、茂木(浦和南高)、永井(本庄高)
c0209544_20530133.jpg
■■【診察内容】

やまんねでの1日練習は、もう今日しかない。
しかし4時から天末線の練習が入っている。
しかも、勘違いで、私の30分の遅刻。
とすると6時間(正味5時間か?)で、永井戦士の出のデッサンに加えて、一応の仕上げまでやらなければならない。
しがし、女1はダブルキャストなので、二人分の仕上げをせにゃならん。

しかしいつも遠方から駆けつけてくれる人々の気持ちを考えたら泣き言は言ってられん。
そんなこんなの不利な条件を抱えながら、いつもトラアナ号は進むのだ。

「叫んだり」、「説明振り」を極力排除して、昨年の演技からのアップを図った。
幸い、戦士たち、こちらの意図を解してなかなかの進歩だ。
本当はここからが本質的に伸びるのだが、しかし、本番上げてくれるのもトラアナ号のいつものパターン。これに期待しよう。そうしよう。




■■【感想】 茂木(浦和南高)

トラ・コン4回目の練習。若林先生の演出で3回目。トラ・コンチームとして、ここ何年かの積み重ねの成果がでてきた、昨年よりずっとよい、そう言われるたび、確かに三人とも進歩していると同意しながら、自分のこととしては捉えられない感じ。そしてその感じは多分真実をついてるんだろうなとため息が出る。
c0209544_15152816.jpg貴重な時間を割いて練習に付き合ってくださってる若林先生にも本当に申し訳なく思うけれど、覚えたはずの台詞が出てこない(これには本気で老化を疑ってしまった・・)。昨年までよりは放物線の要求が厳しく(細かく)、それに気をとられてしまうということもあるのかもしれない。でもやっぱりシャドー不足は否めない。自信がないから相手役の顔を正面から見られない。これでは台詞が入りようがない。舞台に立ってる間中気が散ってる。変なところに力が入る。
昨年までは、どんなに若林先生にダメ出しされても本番までにはなんとかなるっていう根拠のない変な自信があったけど、今年はまだまだ不安が拭えない。昨年までの自信は無知から来るものだったんだろうか、だとしたら今年は進歩してるとも言えるのかもしれないなあ、なんて呑気なことを言ってる場合でもないので、これから1ヶ月しっかり頑張って絶対いい舞台にする。


■■【感想】 佐竹(正智深谷高)

今日は、永井先生も来て芝居の未演出だった部分全てを演出していただきました。

c0209544_15151725.jpg一番重要なのは、役の人物の目的(「何にとらわれているか」)を表現することですが、阿部先生との冒頭部分、まだまだ表現が甘いことがわかりました。 表現が甘く(また浅く)、深い表現となっていないという指摘を受けましたので、さらに反応を誠実にして、人物を掘り下げて行こうと思います。
また、セリフを言うことに必死になり、行動(魂を探し)ながらセリフを言うこともなかなか出来ませんでした。

まだまだやることがたくさんあると思いましたので、今後の稽古でより煮詰めて行きたいと思います。 また、後半は集中力が途切れがちで、また芝居の線も、セリフも落ちる部分もあります。勢いだけでいかずに芝居の内容をよく理解し、セリフを大切に表現を紡いでいこうと思いました。

自主練頑張ります。


■■【感想】 永井(本庄高)

まず、冒頭のシーンで色々手直しをしていただきましたが、知らず知らずのうちに身体がカタくなっていることを自覚できました。外への意識が強すぎて、中の気持ちとのバランスがズレていたような気がします。この「カタさ」というやつはなんといいますかしつこいヤツで、芝居として動くときにだけ現れるなんともやっかいなヤツですね…。振り返って考えてみると、こういうとき、自分としては「とりあえずやってみちゃえ」と試行錯誤する気がポンポン出てくる方だと思っているので混乱する、というとこまではいかないのですが、きっとこれを真面目な性格の生徒たちに要求すると戸惑っちゃうのかもしれないな、要求の仕方にもよるのかな、などと思ってしまいました。
c0209544_15153776.jpg
午後になってからの稽古を思い出してみると、「あんまりなんも考えてなかった」ような気がしています。立ち位置などの左脳的な指示をそのまま素直に飲み込んで、セリフを立てる意識は持ちつつ、その他のことに関してはなるべくその通りにやってみようとする、この繰り返しをしていくうちになんとなく流れを理解して「馴染む」ことができつつあったのかな、と思っています。リラックスとは、こういうことなんでしょうか。

また、今回の稽古で動きやセリフの言い方のクセをずいぶん意識できた気がします。一つはっきりと残っているのは、直線的な放物線のしゃべり方を、自分は普段からほとんどしてなかったなぁという点です。けっこう指摘されて強めに意識してしまっていますが、また馴染めるように頑張ります。



[PR]

by tetsubin5 | 2016-05-23 20:56
2016年 05月 23日

◆劇団みどり  2016.5/21    5回目

【日時】 2016.5.21(土) 11:00~14:00
【場所】 天シアター・やまんね
【芝居】 バス停のある風景  別役実 ・作
c0209544_20484797.jpg
■■【治療内容】

「みどり」は毎年確実にレベルアップしてる感じです。
なので、少しずつ難しい、でも面白い領域に入り始めています。
つまり、外側からのインプットに素直にしたがっているのではなくて、イメージを深くして、感情のままに動くことで、本来のクリエイト、つまり演技への本質的な課題に直面し始めた感があります。
ここで止まるか、またはどう乗り越えるか・・・。
一番面白いところなので、焦らないでじっくりいきやしょう。



■■【感想】 
根岸伸好

今回の芝居は短くて、つまりセリフも少なくて、結構早い段階で通しもできるようになりました。
その後もいろいろな直しのおかげで良くはなってきていると思われますが、なにか我ながピリッと
しません。直しを受けたもろもろを満足にこなせてないので当たり前ではありますが・・・。

今回はそんな直しの他に、台詞に「色をつける」ということを言われました。
なんだか良くわからない人物が、はっきりしない相手に半端なセリフを言っても、ピッリッとするはず有りません。もろもろの直しをなぞって、こなそうとして、結局自分一人で芝居をしているということでした。
直しをいれられた、セリフまわしや動きを考えながらも、イメージを膨らませたり、絞り込んだり
して自主練習を進められたらと思います。 

うーん頑張るぞ。 c0209544_16581512.jpg

■■【感想】 
 根岸京子                                 

芝居の練習をすればするほど、自分の心の硬さにどうしていいかわからなくなります。
それで、先週はタコのようにクニャクニャになって床に寝ころび、セリフを言うということをやりました。やっていてセリフははっきりでなくても、タコになって脱力したことが気持ち良かった。

この練習が良かったのか家で自主練習を始めると、少しだけですが役の中に気持ちよく入っていける感じがありました。タコになった時の感じです。
さらに、自分の役のイメージが決まると、相手のイメージもはっきりしてきて、また少しだけ楽になってきました。みなさんに迷惑かけまくりですが、なんとか頑張るぞ。
                                          

[PR]

by tetsubin5 | 2016-05-23 20:49
2016年 05月 16日

◆劇団トラアナ  2016.5.15   3回目

【日時】 2016.5.15(日) 9:30~17:30
【場所】 天シアター・やまんね
【芝居】 鉄びん3号・作 公演魂
【参加者】 阿部(川越高)、佐竹(正智深谷高)、山口(浦和北高)、茂木(浦和南高)
c0209544_09435003.jpg
■■【診察内容】

少しずつではあっても、やはり積み重ねは大事だなと思いましたな。
昨年よりはガゼンのみこみがいいし、こちらの意図することが正確に実現出来ている感じです。
いやあ~、さすが教員。バカになり始めると、魅力的になる。

阿部先生の「点から線へ」の壁の原因が解った。
一人ですべて器用に演技処理してしまっている。落語家の演技そのものであった。
これ、いろんな意味で結構大きい気づきかも。
いやあ~、今更だけど、私もいい勉強になった。




■■【感想】 山口(浦和北高)

今日も8時間があっと言う間でした。
トラアナの練習の目的。演出のやり方を具体的に学ぶ、役者としての質をあげる、楽しくて仕方がない、色々とでました。自分は?と、あらためて目的を考えると、芝居作りを学ぶとともに、点から線へ、芝居を魅力的にしたい、台詞の感度を体得したい、そして楽しみたい。

午前も午後も、台詞のABCと点から線へ。ABだけの時よりかなり分かりやすくなりました。AのなかのABC、BのなかのABCなど、より具体的になりました。ここで、重要なのは、あくまでも脳のイメージがあってのABCだと言うこと。私自身、自分の部活でABCをあまり言えずにきました。なぜなら、それだけだと、必ずつまるからです。過去にやって、たち行かなくなりました。でも、前々回、今回と、再度自分自身が役者としてABCをやってみて、また、若林先生の伝えかたに集中してみた結果、そこにイメージや、驚きがあれば、つまることも、役者としてやりにくくなることもなく、やり易くなるのだと、理解できるようになりました。若林先生は、何度も、イメージや驚きがあれば、ABでも、BCでも出来ると、おっしゃっていて、その事は理解していたつもりだったのですが、技術だけに頼ろうとしていたのだと思います。今度こそ、部活でいかしたいです。

ガム噛みリラックス法。目的は、ガムを噛みながら台詞を言うことにより、だらしなく台詞を言えるc0209544_10014366.jpgようになるです。今までは、リラックスして台詞をいうと魅力的だ!と言われてきて、リラックスリラックスと、力んでいましたが、ガム噛み法は、本当に、ガムを噛んでいるので、ガム噛みに集中して台詞をリラックスして、しかも汚い感じに言えるようになるというもの。実際にやってみると、まず、人前でガムをクチャクチャ噛むのが恥ずかしい。しかし、
時がたつにつれ、自分自身がだらしなくなってきて(頭の中でだらしない自分をイメージできてきた)、それが、楽しくなってきました。リラックスして、笑いながら、汚い感じに台詞をいうと、何だか不気味な魅力的な怖さが出ると言うことがわかりました。
低い声で、前に台詞を飛ばす。低く(C)汚い感じの台詞から、Bを使ってだらしない台詞のまま相手をビックリさせる。うまく文字で表すことができないのですが、日常でも、脱力して怒る先生は、本当に、怖く、ビックリします。そんなことを脳でイメージしながら、台詞をいってみました。

台詞の後に、「うん」を入れると、おばさんらしくなる。自分の言った台詞に、自分が言ったことに納得するように「うん」。確かに、年をとったように聞こえます。

今日は、覚えたはずの台詞が、スラスラ出ないという、一昨年のこの時期と同じような現象がおき、改めて自主練の足りなさを実感しました。次回がほぼ最後の練習で、あとは本番をむかえます。何かをつかめるように、自分の違う一面が現れるように、だらしなく頑張ります。



■■【感想】 佐竹(正智深谷高)

今回は、 「点」から「線」へ。  「ゾーン」に入る。
をキーワードに指導をしていただきました。

また、「動きの納得」→「小脳にストックされる」ということも教えていただきました。

最初出来るか不安な部分もあったのですが、芝居前半の阿部先生との二人の部分を、うまく転換出来たように思います。
芝居中盤の部分ではセリフが落ちるところが何ヵ所かあり注意を受けました。

台本を理解していない→緊張が生まれる→リラックス出来ない→セリフが落ちる…
ということで、休憩時間に台本を読み直し、自分の考えも確かめ直して午後の稽古に臨みました。

基本的なことですが、自分の役の状況(目的・何にとらわれているか…)をよく理解することと、舞台上で嘘をつかず、素直なオドロキで演じることが大切なのだということで、今日も大変勉強になる稽古となりました。
自分では素直に演じているつもりでも、客観的に見れば、不誠実な演技だったりしている部分もあり、どんどん直していきたいと思います。

[PR]

by tetsubin5 | 2016-05-16 09:53
2016年 05月 16日

◆劇団みどり  2016.5/5 5/8    4回目

【日時】 2016.5.15(木) 12:00~14:00
【場所】 天シアター・やまんね
【芝居】 バス停のある風景  別役実 ・作
c0209544_09401210.jpg
■■【治療内容】

今日は、短時間だったが、それなりにいい練習ができたのでは・・・。

まったく芝居経験のなかった二人の、舞台経験の深まりへの追求と迷いと悦び。
これ、教育者の私としては、なかなか興味深いところ。
「楽しむ」と「追求」との狭間で、今、一つの壁が産まれているのかも。

う~ん、演劇は面白くて、深い。


[PR]

by tetsubin5 | 2016-05-16 09:40
2016年 05月 12日

◆劇団400 「イコダコイ」  2016.5.11 3回目

【日時】 2016.5.11(水) 17:30~22:00
【場所】 天シアター・やまんね
【芝居】 コイケユタカ・作 不惑のアクセス
【参加者】 小関愛美 千葉克文、コイケユタカ、鉄びん
c0209544_16512266.jpg
■■【診察内容】

前回、川本公民館で自主練習をしたあとの、本日3回目の練習。
まあまあ、台詞は入っているし、コントとしての芝居はすでに形になっていた。
さすが、経験豊富な3人の役者だ。
が、しかし、ここは思い切って、芝居の文体をがらり変えてみようと考えた。
つまり、声を張らずに、役者の本当の反応で勝負してみようと・・・。
ここは、私の動物的なカンだ。
多分、得るものは大きいだろう・・・・。



■■【感想】 コイケユタカ

若林先生に料理されていると、気持ちを入れやすいルートがどんどん与えられ、いつの間にか芝居に集中していき、最終的に自分の場合、・・・ちょっと表現難しいのですが、トロけるような不思議な浮遊感に至ります。今日すでにその「演出鍋で煮込まれてく」感じがあって、なんというかもう「たまんないなー!」と(笑)夜のやまんねだと何故か尚更なようで、何処でもない場で誰でもない人として生きるという、浮き世離れした芝居の快楽。めちゃめちゃ贅沢な時間でした。
 個人的には、指摘いただいた「ためないで流しちゃう」という自分の弱いところが勉強になりました。無意識レベルの「照れ」や「自己防衛」の表れ、越えていきたい課題です。
 マナミーには無理させてしまいましたが、25・26日の両方上演になったのも嬉しいニュースでした。そのテンションも生かして、さらに愉しんでいきましょう!

[PR]

by tetsubin5 | 2016-05-12 17:00