演劇のお医者さん(若林医院)

tetsubin5.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2014年 03月 18日

■深谷商業高校演劇部(盛徳深谷、正智深谷、本庄、児玉高校)

【日時】2014.3/17(月)13:30~18:00
【場所】深谷商業高校・視聴覚教室
【芝居】須藤早紀/作「名探偵バラバラ事件簿
c0209544_11122224.jpg

■■【往診内容】
午後4時間余りの持ち時間だったが、通し1時間、ミーティング計1時間、装置の置き換え1時間。結局肝心の芝居の直しは1時間だけになってしまった。
みんな芝居大好き人間で、すごいエネルギーに圧倒されてしまった。
しかし、芝居の線が出来ていない。で、心の化学反応の訓練をはじめたところで時間切れ。
う~ん、もう一度往診をせざるを得ない。
このエネルギーに方向性を与えると、どんどん芝居が面白くなるはずだ。



■■【感想1】 深谷商業高校演劇部
金井(青木役)
本日は、とても勉強になるご指導をありがとうございました。
驚きやきっかけ、全ての行動にはきちんと意味があり、それを生かしていくのが演劇であるということ。
それが演じる上での一番の楽しさということなど、学ばせて頂きました。
それから、私たちが考えに考えてもわからなかった大道具の配置。
素晴らしい形に仕上げて頂き、本当に感謝の言葉しかありません。
通しからの大道具設置、本格的な稽古をする時間が限られている中、素晴らしいご指導を本当に本当にありがとうございました!

c0209544_22483535.jpg吉田(蓮華役、部長、演出)
先生との稽古はこれで3回目ですが、直接みていただくのははじめてで、かなり緊張もしましたが、とても楽しく、久しぶりの指導にMではありませんが、嬉しく思いました!
以前の稽古より、先生がおっしゃっていた、『何かに驚く』ということ。何度も先生に教わり、わかったつもりでいても、やっぱり実際にやってみると、その感覚を掴むのに苦労したり、すぐにできず悔しい思いをしたりと、『驚く』大変さを身にしみて今日は深く感じました。次に先生がきてくださるときまでに、『驚く』ということを考え、様々なことに目を向けることをしていきたいと思います!
次は長い時間で稽古が出来るように調整していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします!!

須藤早紀(作者、一年、ベルガモット役)
困っていた大道具の配置も、とても良いものとなり、いままで気が付かなかったせりふの課題も、少しずつ分かるようになってきました。
これからも精進していきたいと思います。次回もよろしくお願いします。

平間(吉野さくら役・1年)
もぅなんて言っていいのかわかんないくらい感動しました。
私もはやく参加したくなりました。
声のアドバイスもありがとうございました。
次回楽しみにしてます!

荻原実稀(藤井和子役・1年)
セットを組み替えることによって印象が一気に変わったり、大道具や小道具も有効に使えることは、すごいと思いました。自分も、そのことについて少しずつ意識できるようにしたいです。

c0209544_22501926.jpg■■【感想2】 盛徳深谷高校演劇部
松本(1年)
今日の演技指導は、これから自分達が劇を作っていく中でとても必要な物が見えました。今日見た演技やちょっとした技をぬすんで、最高の劇を作れたらなと思います。今日はありがとうございました!

坪井麻優(1年)
今日、たくさんのことを学ぶことができました。やっぱり、演劇を楽しむことは大事ですね。
「あれ、」から始める事の、自分だけでやらない劇は、自分は出来てないので、これからどんどんやってみようと思います!
少しなにかを変えることで、劇は大きく変わるんだな、と思いました!
これから、今日のことを踏まえて練習していこうと思います!

金澤雅也(1年)
今は生徒会も兼ねていて役者はやっていませんが、勉強になりました、今の自分達の劇に必要にしたい事とかのアイディアが思いついた感じがしたので、試してみます。
顧問と相談ですが、機会があったら指導お願い致します。本当にありがとうございました。

堀内 (1年、舞台監督)
若林先生と一緒に劇を造るのは、これで4回目…ですか?
何回かやっている中、今回は初めて直接指導していただきました。
練習前は不安だったんです。でも、いざッ本番になると劇がどんどん良くなりました。見てて超面白かったです。これから、4月のG・Gと5月の素材高校があります。
今よりもっともっと、良い劇にしていきたいです!
また、診察しに来てください。


■■【感想3】 正智深谷高校演劇部
c0209544_22512962.jpg顧問・佐竹先生
深谷商業高校に若林先生が来る。私にとっては夢のようなマッチングに加え、成徳深谷・本庄・児玉・正智深谷の生徒も見学で加わり、深谷本庄地区としての演出研修という形にもなって、私はとても嬉しい気持ちで、いつものように若林先生のご指導を拝見させていただきました。

深谷商業高校の演劇部員は、私にとって、とても可愛い存在です。子供のような、後輩のような、自分の教え子のような、不思議な存在になっていて、そんな存在が若林先生にご指導をうけていて、不思議な、しかしまたとても幸せな時間を過ごさせていただきました。
深谷商業高校は、先日5月の全県総会での素材上演の話が決まって、泣いて喜んでいました。そんな深谷商業高校演劇部の演劇大好きな部員たちが、いままた若林先生の指導を受け、「すごい!」「楽しい」を連発していくのを、とても嬉しく見ておりました。

具体的には、舞台の直し。ナナメの線を生かす。アクティングエリアを作り空気を通す、本番の舞台を強く意識し、それにそぐった舞台配置を考える、使えるものはすべて利用する、などです。事務所が事務所らしくなり、また演技空間が確保されることで、どんどん演技したくなるようになっていきました。

演技指導では、今までの所謂「元気」な高校生の演技だったものが、若林先生のご指導により、関係性やセリフの伝わりがはっきりしだし、勢いだけではない、「リアル」な表現になっていくことが確認されました。

これからさらに深谷商業高校が変貌していくことが予感される、その序章のような若林医院となったように思います。
若林先生、深谷商業高校のために誠心誠意のご指導、有難うございました。今後とも、深谷商業と深谷本庄地区を宜しくお願い致します。


c0209544_1214362.jpg■■【感想4】 本庄高校演劇部
内島啓大(2年、副部長)
先生の指導後と前ではかなり変わっていて感動しました。
みんな思い切り楽しんで演技をしているのが伝わってきました。
又、自分達の劇の課題と被る所もあったので先日みさせていただいた指導を自校でも生かせたらなと思います。本当に有り難うございました!

近藤菜摘(1年)
深商での指導を見て、改めて、若林先生は素晴らしい人だと実感しました。
先生が舞台設置をかえてから、空間がわかりやすくなったり、役者もすごく動きやすそうにしていて。。
少し工夫するだけで客にとっても役者にとってもいい方向に変わる。
演劇って難しいけどとても面白いなと改めて思いました。

その後の役者への指導もセリフはそこまで多くはないところでしたが、先生の言葉や先生のアイディアを聞いて、役者が自分から自然に動けるようになっていて、それとともに役者の人達の演劇をやって楽しいという気持ちがとても伝わってきて、すごいいいなと思いました。

私達はまだ通しげいこどころか、台本落としもしてない段階です。先生に見てもらう前に自分達でやる事がたくさんありますが、もしお時間があり見ていただけるようでしたらぜひ私も先生の指導を受けてみたいです。
もっと上手に劇ができるようになりたいです。
これからも演劇についてたくさん教えてください。
今後とも本庄高校をよろしくお願いします!!!!

■■【感想5】 児玉高校演劇部
[PR]

by tetsubin5 | 2014-03-18 11:12