演劇のお医者さん(若林医院)

tetsubin5.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 28日

■演劇WS(尚美)~水曜日授業 byかずき

c0209544_11274442.jpg【日時】2013.11/27(水)14:40~16:10
【場所】演劇演習室

■■【治療内容】
このwsで一番大事なことは「相手にセリフが入る」こと。
そのための「放物線」であり、「気づき」であり、「イメージ」であり、「感情」である。
今日はそのための最後の要素、「ひびき」の伝授!

この「声のひびき」を身につけることにより、放物線が割と簡単に手に入ることが、最近の私の研究によって(?)明らかになった。まだ私は日々進化しておるのだ!(ハハ)

ということで
▼顔面共鳴の説明、各自持ち台詞で実践。
▼最後はみんなで、同じ台詞を共鳴し合った。

■■【感想】 かずき

▼今回はまず始めに前回のおさらい的に放物線の話をして、台詞を棚に入れるや、ハリをつくらないと台詞が落ちてしゃくりができてしまうなどの話をしていただいた。それからは本題の顔面共鳴ということで、声の響きについてを学んだ!鼻の空洞を響かせることによって、うるさいくらいに聞き取りやすく声が響いている感じがした。自分の中での収穫といえば、この顔面共鳴を意識してやっていると、あっ完全に喉をしめて言ってんだなって気づけたことと、リラックスすればするほど、いい響きが生まれるんだなってことに気づけたこと!!この顔面共鳴に、放物線をマスターできれば、お客様にも、役者にも台詞が入って凄く気持ちいいんだろうな~って思った!!今回の12月公演の芝居で実践してみて、多少なりとも違いを出せたらいいなと思う!なにより、楽しい!!!
[PR]

by tetsubin5 | 2013-11-28 11:16
2013年 11月 26日

■秩父混声合唱団の音楽劇・本番

c0209544_11365525.jpg【日時】2013.11/23(土)14:00~16:00
【場所】ミューズパーク・音楽堂
【芝居】作詞/本山愛子  作曲/大澤荘吉「忍城物語
    
■■【往診内容】
▼大澤荘吉先生が率いる秩父混声合唱団の「音楽劇のための混声合唱組曲『忍城物語』」の本番。
私は、自分の劇団天末線の本番が1ヶ月後(12/22,23)に控えているので、この本番は貴重な練習日に当たっている。働く者にとっては、週末しかない練習時間はダイヤモンドなのだ。
なので、本来はとても参加出来る状態ではない。

▼しかし、どうしても心配で、やまんねの練習から1時間ほど解放させてもらい、ミューズパーク・音楽堂に向かった。第4部の音楽劇だけ見せてもらうことにした。
会場に着くと、丁度3部終了の休憩の時。グットタイミング。
本番は良かった。本番はやはり別物だ! 皆さんの歌声とお芝居が、しっかり観客に入っていく。
段取りに若干のミスはあったが、まずまずだ。芝居が合唱をほどよく支えている感じがとてもよかった。
ブカンの黒澤さんとオペの鈴木さんに鬼感謝。
歌の力、音楽の効力を改めて感じた。

c0209544_105492.jpg

▼図らずも、記念写真撮影まで参加させてもらってから、すぐやまんねにとって返して、芝居の練習に切り替えた。(劇団の活動はブログ「劇団天末線日記を・・・。)
こうやって、家族に病人を抱えながらも、1日びっしりと創造行為に浸れる自分を、つくづく幸せと感じましたなあ・・・。
[PR]

by tetsubin5 | 2013-11-26 11:37
2013年 11月 25日

■秩父混声合唱団・音楽劇リハーサル

c0209544_112785.jpg【日時】2013.11/22(金)17:30~21:00
【場所】ミューズパーク・音楽堂
【芝居】作詞/本山愛子  作曲/大澤荘吉「忍城物語
    

■■【往診内容】
▼大澤荘吉先生が率いる秩父混声合唱団の「音楽劇のための混声合唱組曲『忍城物語』」が
11月23日(土)に本番を迎える。
本日、そのためのリハーサル。

▼ナレーションと合唱と芝居の3つがどんどん入れ替わる。
会場担当の鈴木さんと舞台監督の黒沢さんとともに、なんとか段取りをつけた。肝心の演技の指導まではとても余裕がなかったが、皆さんの素晴らしいやる気でなんとか本番イケそうな感じまでにはこぎつけた。
[PR]

by tetsubin5 | 2013-11-25 11:27
2013年 11月 21日

■平成25年度新潟県高等学校演劇発表会・審査員

c0209544_112025.jpg【日時】2013.11/16~17
【場所】新潟市音楽文化会館

■■芝居のレポート
[PR]

by tetsubin5 | 2013-11-21 10:59
2013年 11月 20日

■演劇WS(尚美)~水曜日授業 byゲーレン

c0209544_17494599.jpg【日時】2013.11/20(水)14:40~16:10
【場所】パフォーミング・アーツ・シアター

■■【治療内容】
セリフ立ての意識 通称かまぼこと呼んでいる

■■【活動内容】 byゲーレン
▼1ページの台本を各自覚えて来て、実際にペアになりやってみた。
セリフ立てでA.Bにわかりやすく範囲と呼び方を確定して、実際自分が作った立て方はどちらなのか?というのを先生にアドバイスをもらいながら練習してみた、



c0209544_17513324.jpg■■【感想】 byゲーレン
▼人それぞれセリフの言い方で理解をし実行するために、その人に合ったやり方、何かを掴むためのイメージや方法が違うというとこがあり、その人に合った1番いい方法を見つけて実行していけば、いいセリフになると感じた。
長いセリフなんかは区切って、単純でいいからAのパターンで下から上で言う。Bのパターンで上から下で言う。これが身につけられて先生の言う、ハリ・トボケがあると魅力的になるとかんじましたね!
もちろんこれは、感情が本当にあれば、セリフひと言ひと言に本物の感情を出すことができれば必要のない事だと先生も言っており、その近道、良いやり方としてこれを学んでいるのでしっかり身につけられる事ができたらと感じます。
今日は若林医院"試供品お試し期間"ということで、たくさん失敗してどんどんいい"試験体"になり、これからいい役者に成長していきたいです。
[PR]

by tetsubin5 | 2013-11-20 17:42
2013年 11月 13日

■第53回広島県高等学校総合演劇大会・審査員

c0209544_1913270.jpg【日時】11月10,11日
【場所】ふくやま芸術文化ホール(リーデンローズ)

■■【芝居のレポート】
[PR]

by tetsubin5 | 2013-11-13 18:30
2013年 11月 13日

■秩父農工科学高校演劇部

c0209544_2174557.jpg【日時】
【場所】秩父農工科学高校・清心館
【芝居】コイケユタカ/作「ガンバグ

■■【往診内容】

■■【感想】 秩父農工科学高校演劇部の皆さん

スミレ役三年中村綾菜

今日私たちの芝居をみていただいて、まわりがしっかりぶつかる演技をするようになって、私自身までとても刺激をうけ、気持ちがながれやすくなりました。
今日のことを自分でやりやすくして、ほかのシーンでもやれるようにします。
お忙しい中、来ていただいてありがとうございました。
中央大会がんばります。


ノビ役の渡邉七瀬

今日は、短い時間でしたが稽古をつけてくださって、ありがとうございます。
今日やってみて、台詞をちゃんと相手に言うとか、外からエネルギーをもらう、頭で考えない、という感覚がわかりました。
すぐにそれができるようになるかはわかりませんが、これからもっと良い芝居になるように、今よりもっと楽しく稽古がしたいと思いました。
今日は楽しい稽古ができて良かったです。本当にありがとうございました。


カスミ役 三年上野陽香

今日は来てくださってありがとうございました。
短い時間ではありましたが、自分でただ台詞を言っていて、相手に届いていないことがわかりました。今日で少しでも相手に言えるようになれたのでよかったです。
相手にちゃんというのはとても疲れるし、とてもドキドキして楽しく感じました。
また、台詞をいったあとすごいスッキリした感じもあって、気持ち良かったです。
まだ本番までこれから一週間くらいあるので、この感覚を忘れずに外に集中してやっていきたいと思います。今日は本当にありがとうございました!


演出兼イサム役の内田亮太

今日は貴重な時間をさいてまで稽古をつけていただきありがとうございました。
役者全員、とても勉強になったと思います。
自分自身、頭だけで考えてた演技が素で感情でできるようになり、芝居が楽しくなりました。
本当に何時間もやってたい気分でした。
今日、学んだことを生かして全部のシーン外を意識するのが今の目標です。
本番まで日にちも少ないですが、お客さんになにかを感じてもらえるよう頑張りたいと思います。
改めて今日は本当にありがとうございました。
またいつかよろしくお願いします。


高杉晋作役 新井

稽古では 感情を外に を テーマでやっていただいました。
これまで サボっていた ということがわかりました
今日の短時間で つかれました
でも 心はスッキリして モヤモヤが なかったです。
ありがとうございました。
中央大会 まで 時間は すくないですが自分たちで 今日のことを参考にがんばっていきたいです


ミツオ役 森田 黎

今日は来ていただいてありがとうございました!
若林先生に直してもらって今まで上手く外に言えなかったセリフが前より言えるようになってすごくすっきりしました!
これから他のところにも生かせるようにしたいです。
今日はありがとうごさいました!


1年ハコ役角田桐乃

今日は来ていただきありがとうございました!私にとっては今日が初めての若林先生の稽古でした!!
セリフを外にだして言うという事で、私自身も前と比べるとなんか言っていて少し気持ちいいセリフになれたかなと思います!!他の人のセリフをきいていて、相手をイメージする事によりこんなにも変わるんだなと不思議な気持ちになりました!!
今日学んだ事をこれからに生かしもっとセリフがが良くなるように、芝居が楽しくなるように頑張りたいと思いました!
今日、とても楽しかったです!!ありがとうございました!

1年石原 萌 (シバ)

今日はお忙しい中稽古してくださりありがとうございます!
最近の稽古は慣れてきたせいか自分の中で普通過ぎて少しつまらないものとなってしまっていました。
でも今日、若林先生がやってくださった稽古はいつもとは違い、すごく楽しかったです!
楽しいし、気持ちいいし!もっともっとやりたい!!って気持ちになりました!
これから、教えてもらったことを続けて行って中央大会、悔いのないものを上演したいです。
今日は本当にありがとうございました!!


アグリ役、部長の大森まさき

セリフを言ってて、ドキドキするという感覚を覚えました。
また、それがすごく快感でした。
そのドキドキこそが、役者ではなく、人物そのものがその場で感じているドキドキなのかも、なんて思ったりしました。
この、外に集中する。をテーマに中央まで突っ走っていきたいとおもいます!
劇団showや天末線の公演も時間があるときは部員一同で観に行かせていただきます!
これからもよろしくお願いします。
改めまして、昨日は本当にありがとうございました。=


2年ヒソカ役井上愛実

昨日は久々に稽古に来ていただいて本当にありがとうございました!
私にとっては農天会いらいの若林先生の稽古で、正直稽古してもらいたいなぁなんて思っていたところだったので来てくれて嬉しかったです!
セリフを外にだして言うことや相手中心にすることなどなど、あの短い時間で学んだことがたくさんあってすごく為になりました。昨日のうちに成果が出せなかったですが、他のところにも生かして、昨日の稽古を無駄にしないように頑張って中央はいいものにしたいなと思いました!
また機会があったら農工に来てください!
ありがとうございました。


トモエ役の原島千佳

昨日は、お忙しい中お越しくださりありがとうございました。
私は、どうしても自家発電するクセがあって、なかなか芝居中に自分の感情が出しきれなかったのですが、
若林先生の直しを受けて、自意識を無視する事で自分の感情が出しやすくなり、より一層、演じることの楽しさを実感しました
これからあと一週間、この感覚を忘れないように稽古に励んでいきます。
本当にありがとうございました


ツユこと長堀怜奈

家の事情があって少ししかいられず、残念でした。
短い時間でしたが中身の濃い稽古だったな 、と思います。
みんなのセリフが胸に響くというか、薄っぺらさがなくなったというか……。
そんな気がします。
私自身、思い返せばいつも左脳を使ったセリフになっていたなぁ、と思います。
「自分中心じゃなくて、中心は常にそとにおくんだ」という若林先生の言葉を聞いてから、すごくセリフを言うときの切羽つまったかんじがなくなって、楽しくなりました!
セリフの上手い下手もそうだけど、相手に入っているかどうかがすごく大切なんだなぁ、と心から思いました。
昨日の稽古を、これからの稽古に生かしてがんばります!
昨日は本当にありがとうございました!!
[PR]

by tetsubin5 | 2013-11-13 18:25
2013年 11月 13日

■浦和南高校

c0209544_1923057.jpg【日時】
【場所】
【芝居】浦和南高校/作 「みすていく

■■【往診内容】


■■【感想】緒方博紀 (2年)

非常にお忙しい中御指導いただき、本当にありがとうございました。
▼まず始めに、「あれ?)という心情の動きを明確にするためには、場面一つ一つの物の変化や相手の台詞をちゃんと聴き、それに対する心の驚きが必要なのに、それが全くしっかりできていませんでした。どんなに小さなことにもちゃんと反応できるように気持ちを入れられるようになりたいと思いました。
▼次に、その気持ちを入れた上で、大事な台詞は際立たせ、言葉の張りを意識することで、自然と言葉の放物線ができていくのだと、少しわかってきました。しかし、自分は緊張すると早口になり、滑舌が悪くなり、何を言っているのかわからなくなる傾向にあります。台詞は相手にしっかり伝えようと言葉の棚のようなものに収めていって初めて、観客にすんなりと入ることを知り、とても難しいと思いました。
▼ですが、そんな弱気なことは言っていられないので、本番までの数日、本当に死ぬ気で繰り返し練習し続け、本番悔いの残らないようにします。とにかくそのことに、集中していい舞台にしたいです。
本当にありがとうございました。頑張ります。


■■【感想】早川 輝 (1年)

c0209544_23545767.jpgお忙しい中自分たちのために時間を割いて指導をしていただきありがとうございました。
▼前回指導をしていただいた時に言われたことを実践してきたつもりでしたが、まだまだ足りていなかったということを痛感しました。
▼今回は、前回よりも外の世界に驚くということを意識して行うことができたと思います。
それに意識がいったおかげかいくつかのセリフはすんなりと相手に入ったような気がします。
放物線も、身体が動いてしまう癖もまだまだ自分で治しきれていないですが、大会までに今の自分にできる最高のレベルまで達せるように努力していきたいと思います。
▼緒方先輩との自然な会話が成り立ち、観客を引き込めるようになりたいと思いま
す。本当にありがとうございました。


■■【感想】 茂木美好 顧問

▼若林先生から見たら、今回も相変わらず人の話ちゃんと聞いているんだかなんだかわからない、集中力のない奴だったかもしれません。でもひたすら先生の直しを凝視した結果、今回はかなり手応えを感じましたよ。
▼それが錯覚かもしれないと思いながら今日練習してみて、やっぱり今までとはちょっと違う気がしました。何よりキャストの台詞を自分でも言ってみて、なんか気持ちがよかった。
▼役者として若林先生に演出つけてもらっていても、今一つ確信が持てなかった放物線を、理論ではなく実践で理解できたように思えました。それすらも錯覚だったらもうどうしようもないですけど(笑)。
▼錯覚だろうがなんだろうが、それを信じてとにかくあと1週間とちょっと、部員と格闘していこうと思います。直しの他にも本番までにやらなければならないことはまだまだたくさんあるけれど、3人で分担しながら全力で取り組んでいきます。
[PR]

by tetsubin5 | 2013-11-13 18:23
2013年 11月 13日

■秩父混声合唱団・音楽劇

c0209544_20483282.jpg【日時】2013.10/26(土)13:00~23:00
【場所】天シアター・やまんね
【芝居】作詞/本山愛子  作曲/大澤荘吉「忍城物語
    

■■【往診内容】
▼大澤荘吉先生が率いる秩父混声合唱団の「音楽劇のための混声合唱組曲『忍城物語』」が
11月23日(土)に本番を迎える。
そのための演技指導をやまんねで行う。
私の顔出しは今日で4回目だが、いつも30分ほどの練習なので埒があかない。
そこで本日のやまんね練習を相成った。
▼途中お昼休憩を入れて、8時間の練習。
ナレーションと合唱と芝居の3つがどんどん入れ替わるので、そういう事に馴れてないと、なかなかまとめるのは難しい。本番会場のミューズパークの会場担当の鈴木さんと当日舞台監督の黒沢さんとともに、なんとか段取りをつけた。
肝心の演技の指導まではとても余裕がなかったが、皆さんの素晴らしいやる気でなんとかイケそうな感じにはなってきた。
本番は期待できそうだ!
[PR]

by tetsubin5 | 2013-11-13 17:59
2013年 11月 13日

■秋季比企地区演劇発表会・審査員

c0209544_181342.jpg【日時】2013.9月28日(土)
【場所】松山市民活動センター(東松山市松本町1−9−35)     
■■田窪誠郎(大宮北)先生と6校の芝居の審査をした。
[PR]

by tetsubin5 | 2013-11-13 17:57