演劇のお医者さん(若林医院)

tetsubin5.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 10月 27日

■正智深谷高校演劇部

c0209544_237528.jpg【日時】2012.10/27(土) 15:00~19:30
【場所】正智深谷高校演劇部
【芝居】飯塚のり子/作「はしご」 

■■【往診内容】


■■【感想】 顧問 佐竹先生
▼まずは、いつも同じことですが、舞台についてのご指導をいただきました。屋上の柵のつながり・山台の高さ・はしごの長さについてのアドバイスをいただきました。
 舞台空間をよりリアルにみせるため、細かい部分についても注意を向けるその指摘がとても的確で、大変参考になりました。柵と柵のちょっとしたすき間をつなぐことや、支えを見せないようにすること、
またはしごの上の部分の処理について、今まで「何か違和感があった」ところが、先生のアドバイスによっていちいちスッキリ解決していきました。うーん、スゴい!ととにかく納得ばかりでした。

▼演技については、「場面に中心がない」ことと「相手にセリフをちゃんと入れる」ことを教えていただきました。「場面の中心を作る」ためには、まず役者全員が中心を意識すること。役者全員が中心に対しておどろいて身構えること。これが大切だと教わりました。
 すると、今まで棒立ちであった役者が、見る間にいきいきとした人間として舞台上にとても魅力的に現れてきました。うーん、スゴいですと、うなるばかりでした。

▼また「相手にセリフを入れること」何度も何度も何度も何度も言われていることなのですが、今回はまた違った発見がありました。
 「放物線」を意識してセリフを言うのは良いのですが、その放物線の、どの部分で相手に入るのか、また、どの部分から始めて、どう終わらせるのか。二次関数の始まりから始めて、頂点で止めたり、頂点から始めたりすることで、セリフの雰囲気が変わることがとてもよくわかりました。
 役者が自分のセリフを放物線のどこを使って言うのか、それを意識することがまず大事なのだと思いました。放物線に沿ってセリフを言うことで、感情も出しやすくなり、また役者にも迷いがなくなりセリフに強さも出てくるという一石二鳥どころか、三鳥も四鳥もあるようなご指導でした。うーん、とにかくスゴいです。

▼具体的な指導の中で、「役者の無理」をなくすことも勉強になりました。確かにリュックサックには隠れられませんね・・。舞台上に、凸凹や隠れられそうなものを作っていくことで、奥行きが出てきました。プランを考えたり、少し稽古をするだけでもゾクゾクするような舞台空間が生まれてくるような予感がして、若林先生が「もう正智の芝居じゃない」とおっしゃったように、本当にどこか別の本格的な芝居の空間が出来たのを見ている
ような感じでゾクゾクしました。

c0209544_2220191.jpg▼あとは、舞台を活性化するちょっとしたアイデア。役者が頑張っているのを、セリフの終わりに一言入れたり、差をつけたり、しぐさをこちらで決めたりすることで、今までクスクス笑うような場面でありながら、今いち大笑いできないな・・と感じていた場面がみるみる「ゼッタイ面白い!」と思うような場面に変貌していきました。いや・・・すごいとしか言いようがありません。

▼地区大会が終わり、ビデオを見たりして、悪いところはわかるのですが、直し方がハッキリ見えていなかったと思います。しかし、先生の指導を受け、やるべきことが明確に見えたように思います。

▼気付けば今週末はもう、私学文化祭の本番です。三週間後には中央大会も迫っています。先生に教えていただいたことを参考に、二つの本番に向け、稽古をさらに頑張っていきます。
お忙しい中、遅くまでご指導いただき、本当にありがとうございました。
これからも頑張ります。

 
■■【感想】 正智深谷高校一年・多田
▼ご指導していただきありがとうございました。
皆の稽古を見ていて、みるみる演技が変わっていくのがわかって、すごいと思いました。見ていてとても楽しかったです。自分が稽古しているときも、放物線を意識すると、セリフを言っていて気持ちいいなと感じました。ネタも増えて楽しかったです。
大道具のことに関しても、私はあまり気にしていなかったのですが、若林先生の意見を聞いて、成る程と思いました。若林先生に教えていただいた放物線を、ほかの自分のセリフに、うまく応用したいと思います。


■■【感想】真理家:母役  山崎 菜那世
▼今日初めて直接指導を受けて、前回に比べてかなり演技がしやすくなったので、改めて凄いなぁと感じました。今日の演技は普段に比べて見てても演じてても、とても楽しかったです。

■■【感想】 正智深谷高校演劇部1年・外山雄伍
▼昨日は御指導に来てくださり有り難う御座いました。1つめに舞台上に座れたり隠れられたりする物を作った方が良いというアドバイスを頂いたのでそれをまず作ってみようと思います。2つめに中心を決めた方が良いというアドバイスを頂いたので僕は普段は役者の演技を外から見てる事になるのでもし中心が定まっていないと感じたら直ぐに言ってあげたいと思います。3つめに相手に向かってしゃべるという事を教えて頂いたので誰に向かって喋っているのか役者が意識して演技できるように全力で助けてあげたいと思いました。

c0209544_22205159.jpg■■【感想】 正智深谷高校演劇部二年・稲岡真絵
▼今回は来ていただきありがとうございました!今回教えていただいた中心を作ること、セリフを人に入れること、そして放物線はどれも足りなかった部分なのでとても参考になりました!
▼DVDを見てもどこ見ていいのか、わからなかったのは中心が無いからだと教えてもらって気づけたことなので、とてもよかったと思いました。これから中心を作っていき見やすい劇にしようと思いました!
▼放物線は人にセリフを入れるために必要なことだなと思いました。聞いてても言ってても放物線を使うと楽になり、無駄な力がいらなくて、さらに感情もわかりやすく聞こえ、どのセリフにも応用できて本当にすごいなと感じました。セリフのスタート地点を決めてハンガーの放物線を意識すると、セリフが聞こえやすく、言っている自分自身も楽しくなって良くなってるのが実感できます!これをどんどん自分のセリフで考えてみると全然力がいらず、放物線の最大値と最小値の差がいい感じに響いていいなと思います!
▼今回教えていただいたことを参考にどんどん劇を作っていこうと思います!本当にありがとうございました!!!!!

■■【感想】 正智深谷高校の一年・細田  「真理家族の子供2」役
▼「放物線」の理論を直接聞くことが出来て、とても参考になりました。
他にも「中心を意識する」など、今回の劇にとどまらず応用が出来るものを学ぶ事が出来ました。
若林先生に教わった事を活かして中央大会に挑みたいと思います!
PS・饅頭美味しかったです!!

■■【感想】小峰 蓮
▼今回の指導で分かった事がたくさんあります。放物線の意味や目線の合わせ方等が理解しました。
中央大会に向けて頑張ります

■■【感想】 男役 江森 章紘
▼放物線を意識してどの位置から使うのか考えることを教わって、自分が今まで悩んでいたことが解決できるヒントになったと思いました。練習していて放物線のこと考えてやると余計なことを考えずに相手と場面に集中できて感情も分かってきたのでもっと応用して演技を変えていきたいと思いました。
▼又、低い声を意識することも教わって自分が普段話しているのと変わらないと思いました。どうしても伝えようと思って大声で高い声になって喉を痛めてしまうので、低い声を大切にして自分でもセリフを楽に言えるようにしたいです。
▼中央大会まで時間があんまり無いけれども見てる人、演じている自分も楽しめるように芝居にしていい本番だったと思えるように稽古していきたいです。
[PR]

by tetsubin5 | 2012-10-27 23:07
2012年 10月 27日

■秩父農工高等学校演劇部

c0209544_2322751.jpg【日時】2012.10/26(金) 17:00~21:00
【場所】秩父農工科学高校・清心館ホール
【芝居】コイケユタカ/作「千年ロッカー

■■【往診内容】

■■【感想】 秩父農工科学高校・顧問  コイケユタカ
▼今年の芝居『千年ロッカー』を観ていただくのは、なんと10月末の今回が初めてでした。それだけ大学の授業や劇団SHOW、農工OBの劇団天末線などなど超ご多忙ということで、そんな中を往診に来ていただいたこと、改めて感謝感謝です。(あんなジュース1本じゃ申し訳ないっす!)
▼「タンテイ・イタオに見られてからオジョーが顔を背ける」・・・例えばこんな直し一つで、芝居の線が俄然強くなりました。「おぬしら勝手に何してんだニ!」の「おぬしら」を低く、「何」を高く、「してんだニ」で落とす・・・何ということでしょう(ビフォーアフター風・・・劇的だけに)見事に差がつきました。
▼「芝居の線」も「差」も、思い返せばウン十年前に教わったキーワード。なのにまだ全然マスターできていないわけで(( ;゚Д゚)))ですが、師匠の直しを「頷ける」というか、「確かにそうだ」と納得できるというのは、方向性が間違っていない証なので、ポジティブに頑張ろうと思います。
▼もう一つ、線がつながったシーンでも、差をつけた科白でも、理屈抜きに「役者自身が気持ちよくなっていた」ことが印象深かったです。これを役者たちが体感できたことが貴重ですね。「線」や「差」を他のシーンに(あるいは次の芝居に!)応用する際には、うまくいったときの快感体験が拠り所になるはずですので。
▼明後日の中学生公演や11月の中央発表会、そして3年生の引退公演となる自主公演に向けて、若林医院の往診を無駄にしないよう頑張ります。
ありがとうございました!

▼ちょっと宣伝♡秩父農工演劇部第33回自主公演『純度100%』は、2013年2月3日(日)に皆野町文化会館で開催します。『千年ロッカー』の他、『極楽トンボの終わらない明日』『銀河鉄道の夜』も合わせて豪華3本立て!ぜひお越し下さい!

■■【感想】 ヒナタ役の古池瑞希
▼今回は1年生を中心とした直しでとても勉強になりました。
私としては若林先生に直しを受けるのは初めてではなかったので、いつも出てくるキーワードに気付きました。差や低い声、線を太くするということを改めて教えて頂き、みるみる変わっていく1年生に驚きました。
また、一年生には歩き方から教えていて、歩き方を変えるだけでキャラが違って見えたので面白かったです。若林先生に教わったことを参考にして、中央発表会もリラックスで会場を自分達のものにしたいです!
見ていただいて本当にありがとうございました。

■■【感想】 3年 高野 優香
▼「千年ロッカー」が若林先生にみてもらうのは初めてで、楽しくできました^^地区大会が終わって、なんとか形にした芝居はまだまだ隙だらけでまたコイケ先生の台本も書き変えて、新しい「千年ロッカー」を上演前に若林先生に治してもらえてとても良かったです!!★
▼今回は改めて芝居の「線」ということを勉強しました。いままで、自分たちで作ってきた芝居はみんな線を太く太くと気をつけながらやってきたんですけど、はやり宇宙の若林先生はすごいです!!!!
さらに線と線を太くして一段とわかりやすくなりました。
これを活かして、いろんな場面でさらにお客さんにわかりやすく伝えたいとおもいました!!^^
▼また、セリフの高低さをつけるということで、私は3年生でなるべく高低をつけたいとおもっていたんですけど、まだまだできていなくて若林先生に治してもらってからはセリフも言いやすくなったので、これを他のセリフにも活かしていきたいです。
若林先生やコイケ先生が言ってることは農工演劇部での経験でわかるようになったので、次のステップとしてはそれを実践していきたいとおもいました。
▼今日、中学生公演を終えてみんななんとか若林先生に治してもらったところをうまく消化していい一本になりました!!
あと2週間あるので中央大会までにはさらにパワーアップした千年ロッカーができるように頑張りたいです。
また、時間ある時に是非治していただきたいです!!!!!!!
また若林先生との稽古を楽しみに待ってます(≧∇≦)素敵な治しありがとうございました!!!
[PR]

by tetsubin5 | 2012-10-27 23:02
2012年 10月 27日

■秩父農工高等学校演劇部

c0209544_2304131.jpg【日時】2012.10/24(水) 17:45~21:30
【場所】秩父農工科学高校・清心館ホール
【芝居】コイケユタカ/作「千年ロッカー

■■【往診内容】

■■【感想】部長・岩田
▼今日は急遽でしたが直しにきて頂きありがとうございました!
一本見て頂いてから直しをしていただけるのは、あまりないと思ったのでよかったかなと思います。
ロッカー自体も初めて見て貰うってことで少し緊張と楽しみでいっぱいでした!
▼稽古は時間はあまりなかったんですが、とっても参考になるし、しかも楽しくできるので若林先生の直しは一味違っておもしろいし、一年生は初めてだったので、先生の直しでみるみる変わるのが面白かったです!
▼やっぱり最大の大事なことは何よりもリラックスでそれを舞台で役でやるのがどれだけ難しいかわかりました。でもきっとコツをつかめば平気なのかなっと思っています!
▼立ちかたとかで… オジョーの本当の気持ちが出るとこが他にあることもわかったのでよい稽古になりました!
▼いろんな面で気にしてくれてありがとうございます!また是非きてください!
そして自主の芝居もお願いしたいです。
たまごボーロとチョコありがとうございました!!
[PR]

by tetsubin5 | 2012-10-27 23:00
2012年 10月 27日

■正智深谷高校演劇部

c0209544_22334114.jpg【日時】2012.9/21(金) 17:00~19:30
【場所】正智深谷高校演劇部
【芝居】飯塚のり子/作「はしご」 

■■【往診内容】


■■【感想】 正智深谷高校演劇部・顧問  佐竹先生

▼今回先生に教えてもらったことは、「この芝居って、要するに何なの?」ということです。その把握が曖昧にしか出来ておらず、その結果、作られた芝居も曖昧だったということです。
具体的に何ページの何行目のセリフで主人公の心情がどう変化するのかをまず作り手、役者が明確に把握していないといけない、狙いが何もないのがいけないということを教わりました。
▼我々は台本から受け取る大雑把な内容は説明出来ても、核心となる部分が明確でないため抽象的な説明しか出来なかった。だから芝居が曖昧だったということがはっきりとわかりました。
まずは、どこを観客に見せるかということを「決める」ことが大事なのだと教わりました。
そうした視点で考えると、いままでの考えがまとまりだし、稽古の方針やまとめ方が見えてきました。
▼今まではとにかくごちゃごちゃして整理がついていないな、話が伝わってこないなとは感じてはいたのですが、うちの今後一週間の目指すべき方向が示されたのは本当に有り難かったです。
▼また、フランクルの「夜と霧」の話をしていただき、生きることについての奥深い話をしていただきました。主人公の心情や状況を把握するのにとても大切な話をしていただきました。わかっていたようでよくわかっていなかった主人公の心理を理解するのにとても役立ちました。太宰治や三島由起夫などの話にまで発展して、顧問としては人間理解の幅の広さや深さが足りなかったと思いました。「演劇とは行動(アクト)である」「死ぬまでは生きようと思う」など印象深い発言が僅か二時間ほどの先生のご指導の中でたくさん残されました。さて稽古も少しですがつけていただきました。
▼セリフかぶせや2フレたて、ねじりや奥行きを使うなどの技を使うと、みるみる役者から生き生きとした声、表情、演技が出てきます。また稽古場全体の空気も先生の巧みなさばき(大喜利の司会者的能力?)によって活性化され、とても暖かい空間が生み出されました。
▼理屈や台本、頭で考えることが先行し、肝心の「お客に何を感じさせるか」が私には欠落していたようです。
c0209544_22491593.jpg▼しかし、今回はセリフかぶせにしても、最初低く入って2フレをたてることにしても、この芝居って何なの?ということにしても、「ああ、言われるだろうな。あっ、やっぱり言われた、そうだよな。確かに必要だよな」という感じで、現在の自分とうちの芝居に足りないものを確認させていただいたという気持ちが強く、今後の活動に勇気が出ました。
▼せっかくここまで一生懸命頑張って作ってきた芝居です。若林先生に教えていただいたことをしっかり考え、全体を構成し直して、あと一週間、お客に伝わる芝居作りをしていきたいと思います。
いつもいつもうちの部活に足りないものを教えて下さる若林先生、有難うございました。

■■【感想】1年・多田
▼今までセリフの言い方についてモヤモヤしていたものが、今日若林先生のご指導を受けて、スッキリしました。感情を入れると言いやすくなり、相手にも届いた気が気持ちが良かったです。今までいかに感情を入れずに演技をしていたかがわかりました。
稽古を見学している時、どんどん演技が変わっていくのがわかっておもしろかったです。
とても楽しく演劇について学べました。今日は本当にありがとうございました。

■■【感想】1年・真理家:母役 山崎 菜那世
▼今日は時間の関係で直接指導してもらえなかったのですが、他の人が指導されているのを見て、先生が言ってることは簡単で言い方を少し変えるだけなのに、前に比べてかなり表現が良くなったのですごいなぁと思いました。大会までの残り少ない時間でコツをつかんで、いろんなところに応用していきたいなぁって思いました。今日はいい勉強になりました。ありがとうございました。

■■【感想】正智深谷高校一年・金子朋樹
▼ちょっとしたところに感情を入れると演技に現実感が加わって今までの芝居が急にドラマチックに感じられて感動しました。僕は最近、自分の役柄や演技についてどうすれば観ているお客さんに意図を伝えられるかどうかよく分からなくなっていたのでとても参考になりました。本当にありがとうございました

■■【感想】小峰 蓮
▼色々と聞きたいことがありまして、まだなにを伝えたらいいのか分からないですけど、今日は何か大きな一歩が出来たようなきがします。
若林先生の言っていた事がまだ分かっていないかも知れません(今日何が起こったのかもうあやふや)
とりあえずやってみます。ありがとうございました

■■【感想】正智深谷高校・1年・松坂美香
▼今日、稽古を観させていただき、若林先生のご指導が入った後の劇的な変化に感動しました。
台詞をかぶせたり、低く入り抑揚を増す事で本当に聞きやすく、内容が入りやすく、観ている側が全く飽きずに話が進むのでとても面白く観させていただけました。
また、正面を向いたり、肩越しに相手を見て話しかけることで雰囲気が変わり分かりやすくなった上に格好いい場面にしていただき、一部員としてとても嬉しく思いました。
今日、沢山のことを学ばさせていただきました。本日は本当にありがとうございました。

■■【感想】 國分裕太、音響
▼今回僕は音響役ですが、若林先生のご指導を見させていただき、とても勉強になりました。
迫力や、放物線を描くイメージを足していくとさらに劇にテンポが出てくるということを改めて実感しました。
今回の若林先生からのアドバイスを参考に素晴らしい劇が完成出来るように残り1週間、頑張って詰めていきたいです。今日は本当にありがとうございました。

c0209544_22494991.jpg■■【感想】正智深谷高校演劇部1年・外山雄伍
▼僕は先生の指導で役者が楽しそうに演技しているのを見て「自分も演技したい、先生に指導をして貰いたい」と羨ましく思ってしまうほど先生の指導が魅力的で「自分が役者だったらなぁ」と考えてしまいました。
また来て下さる時に僕が役者になっていたらその時は僕にも精一杯頑張りますのでご指導のほど宜しくお願い致します。

■■【感想】正智深谷高校2年・少女役 稲岡真絵
▼まず台本について、何を伝えたいのか、何を相手に感じさせるかを聞かれて全然台本について無知だったと思いもっと考えようと思いました!先生のお話しは台本のテーマとそっくりでとてもイメージがわきました!
▼そして感情を出しながら演じることと、相手のセリフの語尾に被せてセリフを言うことによってとてもハツラツとしてとても演じてて楽しくなりました!私たちは頭の中だけでやっていたのでとても新鮮で全く違う世界でした!!!!!理屈じゃなく行動することが大切だと感じることができてとても楽しかったです!
▼さらに低いところからセリフを言うということを教わって私たちは変わったのでこれを他のシーンでも応用して、あと1週間しかありませんが頑張って私たちの劇を作ります!!!!!
▼短い時間でしたが、若林先生に来ていただきみんな楽しく過ごせました!!!!!本当にありがとうございました!!!!!ぜひ!また来てください!!!!!

■■【感想】正智深谷高校2年・男役 江森 章紘
▼先日は有り難うございました。理屈の演技ではなく相手や客を意識する演技をする方法を教えてもらいました。春大会の時に教わったセリフを低いところからいうことを改めて教わりました。演技が楽になりました。まだ少し時間があるので直していきたいです。
[PR]

by tetsubin5 | 2012-10-27 22:15