演劇のお医者さん(若林医院)

tetsubin5.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 31日

【日時】10/31(日) 9:00~18:00
【場所】浦和北高校・練習場
【芝居】越智 優/作「さよなら小宮くん
【アシスト】劇団SHOW 本橋龍 井上歩
c0209544_23122815.jpg
●地区大会を見事に突破し、中央大会に向けての練習に参加した。




■■【感想】富士縄英里
▼今日指摘されたことは、前に来ていただいた事と同じことで、初めのシーンから基本的なことを直していただきました。
私たちは、その基本的なことが全然できていません。役者のハートで戦う、ということを言われ、確かに体の芯から繰り出される台詞は無いな、と。どれも頭から出していて、心の底から沸いてきた感情に伴った台詞ではありませんでした。
▼また先生に直していただいたのを個人でしっかり入れてきて、みんなであわせて、教えていただいたもの以上にしたいと思います。まずは「驚き」と「台詞の高低の差」をしっかりと自分で設計して、体に染み込ませて、思いっきり小宮くんを楽しみます。
今日は、忙しい中本当にありがとうございました。中央で先生を驚かせます!!

■■【感想】演出 大木菜々子
▼今日はやっぱり、セリフを立てて、差をつける。でもそれは感情を入れた結果である。
なるほど!結果だったのか…。今までも何回か指導して下さるのを見ていたのですが、正直何となく曖昧でした。でも今日で少し掴みかけた気がしました。
▼役者が演じていて、楽しくないしワクワクもしない。それが1番今まで稽古してきて大変でした。
でも今回の直しで、そのエネルギーになるものがなんなのか、またどうしたらいいか、勉強になりました。
今日はありがとうございました。
[PR]

by tetsubin5 | 2010-10-31 23:07
2010年 10月 30日

■秩父農工科学高校演劇部・練習直し

【日時】10/29(金) 18:00~20:30
【場所】秩父農工・清心館
【芝居】コイケユタカ/作「少年神社
c0209544_13213593.jpg
●文化祭公演、中央大会出場を控えて、久しぶりにフラッと練習場に顔を出した。
新しくアップされた台本で、小池先生の細かい直しの真っ最中。
4,50分ほど見学した後で、少しアドバイスを入れさせてもらった。そしてそのまま最後まで直しへと・・・。
役者達もかなりこなれてきて、しかも本番を意識したこの時期には、ほんの少し直すだけで、芝居の線がグット太くなって、観客に入る芝居が出来る。そういういわば職人芸的テクニックがある。というより、虚心坦懐に観客の立場に身を置ければ、自然に見えてくるポイントではある。
小池先生の細かいダメだしを見ていて、どうしても「今解ってもらいたい直し」だと思って、口を挟ませてもらった。
c0209544_1322165.jpg作品を創る、虚構を創り上げる上で、一番楽しい時期。
直すほど、どんどん見えてきて、きりがない。たまらなく面白い時期だ。
夜9時過ぎに、まだやってるラーメン屋を探して、醤油ラーメンを食べる。
ここのところラーメンしか食べていないな、俺・・・・。
[PR]

by tetsubin5 | 2010-10-30 13:22