演劇のお医者さん(若林医院)

tetsubin5.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 10日

◆深谷商業高校演劇部

【日時】 2017.4.10(月)
【場所】 正智深谷高校・地下ホール
【芝居】「Memory of mind」作/松本和瑚(原作・及川陽茉莉)
c0209544_20372712.jpg

■■【往診内容】

幸運にも、本番会場での練習が可能になった。
いやが上にも、ここに観客が入った本番をイメージしてしまう。
観客を想定すると、すべてのことに甘えないで、決めていかなければという意識が生まれる。
勢い、練習でのダメだしの内容が変わる。
そこで、本番前のスケジュールから話が始まり、いつもよりキツメの医院となった。
いつもこの感じで練習をしないといけないのだが・・・。

■■【感想】

▼ 会場校顧問  佐竹 

本日も春季大会の会場校顧問として、深谷商業高校の若林医院の直しを見させていただきました。
まずは大会までの時間を「量」として確認する作業が行なわれました。「量」として視覚的に把握し、それを受け入れることの重要性が大事ということを教えていただきました。本番までわずか8時間…。深谷商業の生徒たちに緊張が走りました。
その把握ののちそれぞれの稽古日に何をするべきか、本番から逆算して通しを何回やるか、部分稽古をいつやるかなど時間がないからこそ、あえて時間をとってスケジュールの甘い部分を確定していくということで、会場校として準備する側の私たちも、改めて本番までの準備を見直すきっかけとなりました。
稽古では、まず本番さながらに上演の手順や影アナの入り方と客入れの音楽との関係性など非常に細かい、しかしとても重要な部分で未確定の部分の確認を行ないました。会場校として未確定な部分が多く、本番までに会場校として未確定の部分を確定していきます。
直しはまず冒頭シーンについて、お客にわかってもらえるためのオープニングシーンの整理から始まりました。キーワードは「お客がどう見るか」です。ここでもスタッフ側の都合や「こう決めたから」「こういう考えだから」ということを捨て、ひたすらに「お客がどう見るか」ということに徹して治療が進められました。しかし、一方ではこれまで作ってきた深谷商業さん側の都合も一部加味した形での治療となったと思います。
その後は、前回の治療で施された「オドロキ」「ABC」が弱くなっている。消えているという厳しい指摘があり、本番に即した形で変えるべきところは変える、強化するべきところは強化するという直しが行なわれました。やはりセリフのABCとオドロキが大切で、それを現場主義に徹して直していくという指導が続きました。
クライマックスシーンとなる妹ちゃんの登場の場面は特に盛り上がりました! 課題となっていたお兄ちゃんの動き・セリフと妹ちゃんの直しです。目線やセリフの言い方と照明のからませ方など総合的な指導が行なわれました。
深谷商業さんはこれから本番までの時間を有意義に過ごされていくことでしょう。私たちも本番に向け、しっかり準備を進めていこうと思いました。


▼ 深谷商業高校3年 丸岡真奈 舞台監督

今回はプロローグ+1.2.3.4場とクライマックスをやって頂きましたが、やっぱり若林先生がつけた場は以前より格段に良くなりました。
アドリブは台本にあるセリフを隠してはいけないと思っていましたが、逆にセリフにかぶせる事でドラマ感が出るのだなと分かりました。
あと長ゼリフもお客さんの方に向いて格好つける感じで言うと舞台が上手く使えて、次の動きのためのスペースが出来るのだなと思いました。
演技面では最後になりますが、最初はクライマックスがクライマックスではなく感動も何もありませんでした。ですがセリフの中の早さ、間、高さに差があるとグンっと良くなったので驚きました。

舞台監督として学ぶことは多く、プロローグの演出が人の分だけ方法があるように照明、音響の使い方も勉強になりました。


▼ 深谷商業高等学校2年/水野 由希江/役割→小道具

今回の正智深谷高校さんの本番で使用する場所をお借りしての演技指導に来ていただき本当にありがとうございます。
自分たちは本番の舞台をお借りしての指導は初めてで、今後の演技にとても参考になり、次回の秋の大会《紅葉》での夏休み中の指導も、裏方にも指導が入れる今回の形で借りれる形式が役者にとっても本番に近いのでもっとやれるように借りて行けたらいいなぁとも思いました。
演劇指導では、前回の指導を元にして内容を工夫を加えて広げていき今回では通しをと思っていましたが、なかなか役者が特に感情はABCが不足して大事なセリフでの印象が弱くなったり、言葉言葉に間が飽きすぎて飽きてしまったりしていましたが、今回の指導では、最後の妹(ゆり)との再会シーンを中心に手直しをして頂き、とてもいいハッピーエンドな劇になりそうです。
本番まであと12時間も無いほどの少ない練習時間ですが役者達には頑張って貰いたいです。
[PR]

by tetsubin5 | 2017-04-10 20:37


<< ◆尚美学園大学 舞台表現学科1...      ◆劇団みどり 2回目 >>